キャッシュレスとブロックチェーンの時代

ブロックチェーン技術がもたらすキャッシュレス化をはじめとする社会変革の情報を毎日お届けします

退職金はいくらもらえる?退職金の平均相場

2018 年10月に発表された「平成30年就労条件総合調査結果の概況」によると、退職給付制度がある企業は80.5%。5社に1社は退職給付制度がありません。厚生労働省や日本経団連、東京都産業労働局などの調査から定年退職者の退職金額の相場をご紹介します。企業規模、学歴、職種だけでなく、退職金の給付方法によっても金額に大きな差があります。またどの調査においても金額は減少傾向にあります。【2020年5月時 […]

50代で確認しておきたい!後悔しない「年金のこと」

50代になると人生の半分が過ぎ、年金や老後のことなどが気になり始める年代です。老後の主な収入源である年金について、そろそろ確認しておきましょう。年金を受けられる加入期間を満たしているかどうか、年金を少しでも増やすにはどうしたらいいかなどを知っておき、後悔しないようにしたいものです。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

寿命が延び人生100年?マネープランはどう考える?

女性87.32歳、男性81.25歳――厚生労働省が発表した2016年の日本人の平均寿命です。平均寿命の延び代はまだあるとのことなので、90歳超は当たり前、100歳超も視野に入る超長寿時代は目前に迫っています。そんな時代のマネープランはどう考えればいいのでしょうか? 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

2020年度の国民年金額は前年度より0.2%増!年金額は増えても、生活は苦しくなっていくばかり!

老後の生活費の柱である公的年金額は、毎年、物価や賃金の変動に合わせて改定されています。2020年度の国民年金額は、前年より0.2%増えました。これは前年度に続いての増額ですが、実は物価の上昇率はもっと高いのです。つまり、年金額の実質的な価値は下がっているということ。年金額が決まるルールを知り、年金額の価値が目減りすることへの対策をしましょう。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後 […]

熟年離婚はビンボー老後のスタートライン!

「離婚」を切り出すのは年末が多いのだそうです。その理由は、「新年と同時に新しい生活をスタートしたいから」だとか。実際に離婚が成立するまでにはタイムラグがあり、3月が多いようですが。今年も半ばを過ぎ、「離婚」の2文字を切り出したくなる年末がまたやってきます。でも、熟年離婚は待って! ビンボー老後のスタートラインになってしまうかもしれないからです。 「All About(オールアバウト) [退職金・老 […]

老後もクレジットカードを賢く使ってお得生活

定年退職して老後の域に入ると、家計管理が面倒だとクレジットカードを使わなくなる人がいます。でも、老後の生活が助かる使い方ができる1~3枚は持っておきたいものです。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

住民税って何?わかりやすく解説【2分でわかる】

サラリーマンなどが毎月給与等から差し引かれているものの中に「所得税」とは別に、「住民税」というものがあります。住民税は、都道府県や市区町村に納める税金の一つですが、どのような人がどのように納めるものなのでしょうか。簡単に解説します。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

社会人2年目の6月、「住民税」が引かれて給与の手取り額が減る【動画で解説】

社会人2年目になると、給与の手取り額が減るのをご存知ですか? せっかく昇給したのに、手取り額は変わらずということも。その理由は「住民税」です!住民税は1年遅れでやってきて、給与からの天引きは6月からはじまります。 住民税がいくらかかるのかも見てみましょう。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

住民税の計算方法と納付方法を徹底解説【2020年】

住民税の額は、前年の所得にかかる「所得割」と、所得にかかわらず定額の「均等割」から算出されます。住民税の計算方法、住民税が非課税・免除になる人の条件や金融商品取引を行う人の利子割・配当割・株式譲渡所得割について解説します。なお、専業主婦や学生のように所得のない人や生活保護を受けている人、前年の所得が一定金額以下の人などは住民税が非課税となるケースもありますので、あわせてチェックしておきましょう。 […]