キャッシュレスとブロックチェーンの時代

ブロックチェーン技術がもたらすキャッシュレス化をはじめとする社会変革の情報を毎日お届けします

配偶者控除の所得税と住民税軽減は、2020年からどう変わった?

2018年より配偶者控除が変わり「103万円の壁」が「150万円の壁」となりましたが、2020年からは「要件の所得額」に変更がありました。本人の所得制限があり、夫婦それぞれの年収で増税、減税に。所得税、住民税の配偶者控除についておさらいをしましょう。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

アルバイトでも所得税が引かれる?天引きされた税金を取り戻すには

アルバイトやパートは年収103万円までなら所得税はかかりません。ただ例えば月収30万円のバイトを3カ月続けたら税金が天引きされていた、というケースも。年収基準では税金がかからないはずなのにその理由とは? マイナンバーでアルバイトの掛け持ちがバレやすくなっています。税金を確定申告で取り戻す方法もチェック! 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

年金受給しながら働く人は確定申告が必要?

サラリーマンの時は会社が年末調整をしてくれるため大多数の方は確定申告をすることがないかと思います。しかしながら年金をもらいながら働く場合、確定申告が必要になってくることがあります。今回は年金受給しながら働いている方の確定申告に触れてみたいと思います。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

確定申告が不要でも住民税申告が必要な人は?

確定申告が必要でなくても、住民税の申告をしなければならない場合があります。また、様々なサービスを受けることができる住民税の非課税対象者の認定にも申告が必要です。住民税の申告は住んでいる自治体でおこないます。住民税の申告の概要と、非課税になる基準、またメリットについてまとめます。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する