ビットコインは1万ドルに到達|圧倒的な上昇トレンドで、トレーダーに必要な心構えとは?


ビットコインは1万ドルに到達|圧倒的な上昇トレンドで、トレーダーに必要な心構えとは?

ビットコインは1万ドル突破。年初に想定した通りの相場展開になってきました。

Xbitは日本時間昨日の昼頃に50%のポジションをクローズ(利食い)しています。その後引き続き上昇したので「FOMO – Fear of missing out(取り残されることの恐怖)」の感情を持ってしまったのですが、この感情が発動する時にトレードに参加してしまうとだいたいの場合損をしてしまいます。

以下のチャートは今年に入ってからのXbitの売買タイミングですが、緑矢印が買い(ロング)、赤矢印がクローズ(利食い)、薄い黄色矢印が利益幅を示しています。ご覧いただくと分かる通り、クローズの後は毎回若干の値上がりを見せていて、その都度FOMOのエモーションが発動してしまっています。そしてもしそこで再度のロングポジションを取っていたら損をしていたであろう事も明確に考察していただけると思います。

ビットコイン、年内にも史上最高値を狙える相場展開に

2020.02.06

トレーディングとは難しいもので、この年初からの上昇相場で全てのトレーダーが利益を出しているかというと、そうでもないのが現状です。これはどうしてでしょう?

まずトレーディングの本質を勘違いしているケースが非常に多いですね。多くの人がトレーディングで勝つ(儲ける)にはテクニカル分析等で正確な相場の先読みをする事が何より重要だと考えているようですが、それは全く違います。勿論ある程度の予想は必要ですが、トレーディングの本質、改善努力すべきポイントはそこではなく感情のコントロールです。トレーディングの上達とは感情コントロールの上達だと断言してもいいほどです。

次に挙げられるのは、『トレード回数が多すぎる』という事です。ストリートファイトに例えてみましょう。ケンカ全勝だと言っている人は勝てる相手としかやっていませんから。トレーディングも同じです。勝てる確率が非常に高い時だけやれば損をする確率が格段に減ります。相場というものは中長期なら比較的容易にトレンドを理解する事ができます。しかしスイングトレードの時間軸においては、8割の時間が『わからない』相場だと言えます。僕は30年近く相場というものに関わってきて、テクニカル分析を研究し、その結果一つだけはっきりとわかった事があります。それは『相場の8割の時間はわからない。わかろうとするとする努力もムダだ』という事です。逆に言うと2割くらいの時間はかなり明確に分かります。マーケットにはその時だけ参加すればいいわけです。

ビットコインは、過去最高価格を記録するのか?

執筆時点ではポジションをクローズした価格よりも150ドル程度上がっています。勿論僕にもFOMOの感情が沸いてきていますが、冷静に考えてみると150ドル余分に利益を取ることよりも、今回もそこそこの利益を出せて無事クローズできた事の方が余程重要です。

Xbitは1月26日のサービス開始以来、約2週間で+23%(手数料、成功報酬控除後)の収益が上がっていて、1BTCを預けていただいた方の保有数は1.23BTCになっています。勿論これにBTC価格そのものの上昇分が乗算されるわけですから、今年はある程度の資産を形成できるチャンスの一年になりそうですね。ビットコインはかなり高い確率で今年中に2017年の史上最高値を突破すると思います。

(こちらの画像は2020年1月26日から、1BTCを買って保有していた場合と、Xbitで運用した場合のUDドル建て資産の推移です。紫のグラフがXbitでの資産推移となっています。)

トレーダープロフィール

Takaya Fujikawa

Xbit Automated Trading System : https://xbit.ai/
Stats of Xbit AI Trader : https://xbit.ai/stats/
Xbit Twitter : https://twitter.com/TradingXbit
Xbitアカウント開設 : https://user.xbit.ai/

「NEXTMONEY」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!