CATEGORY

税金・年金

国民年金の受給額!計算式と簡単早見表で支給額チェック

国民年金の受給額は「加入期間(保険料納付期間)」によって決まります。国民年金の計算式と「老齢基礎年金」の受給額がいくらぐらいになるか、受給額の早見表を作ってみました。免除期間を含む複雑なパターンの受給額の試算も併せて解説します。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

厚生年金の受給額早見表!計算式と簡単試算表をチェック

厚生年金の受給額は「加入期間」および「加入期間中の平均給与」で決まります。ただ、厚生年金の年金額は「加入期間のみ」で決まる国民年金に比べて計算式が複雑。簡単な厚生年金受給額の早見表・試算表を作ってみました。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

フリーランス、自営業者の年金と老後資金の準備

フリーランスや自営業の人は、老後の収入を考えたとき、定年がないのでずっと働くことが可能かと思われますが、体力の低下や病気などで働くことが困難になることも考えられます。今回は、フリーランス、自営業者の老後資金準備についてみていきましょう。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

年末調整で控除し忘れた! 期限はいつまで?確定申告すれば大丈夫?

年末調整の書類の提出期限は会社によってさまざま。年1回のことなので控除が漏れてしまうことも。年末調整での控除のし忘れはいつまでに訂正できるのでしょうか。年末調整が間に合わなくても、最終的には確定申告をすれば控除ができます。どのぐらい前の分までさかのぼれるのでしょうか。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

退職金はピークだった20年前と比べて1083万円も減っている?

定年までコツコツ会社員を続ければ、退職金や企業年金というご褒美があるから老後は安心。といえたのは、いまは昔。なんと退職給付額は1997年に最高額を更新した後、この20年間で1000万円以上も下がっているのです。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

リタイア後の家計のために50代がやるべきことは?

人生100年時代が視野に入ってきました。となると、長くなった老後生活で一番の不安は“お金”です。年金生活になったらどんな暮らしになるのかを50代のうちにイメージし、不足する場合の対策を考えておきましょう。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

65歳まで働かなくてはいけない時代がやってきた!

60歳で定年を迎えても働き続ける人が増えています。もちろん、いまや60歳はまだまだ若いということもありますが、現実的なことをいうとすべての人が公的年金の受給開始年齢は65歳になる時代が目の前まで来ているからです。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

誕生日が12月1日の人はいつから年金がもらえる?

老後の収入として助かる年金ですが、12月1日が誕生日の人はいつから年金がもらえるのでしょう?年金が支給されるのは、年金を受ける権利が生じた月の翌月分からになります。年金の支払いは支払い月の前月2カ月分の後払いです。昭和33年(1958年)12月1日生まれの女性なら、61歳に達するのが2019年11月30日、年金を受ける権利は11月に生じるので12月分から特別支給の老齢厚生年金が支給されます。実際の […]

ビンボー老後を招く? 非課税贈与のしすぎには注意!

非課税で生前贈与できる制度が3種類あります。相続税もアップしたことだし、今のうちに非課税贈与をしておこうと考えている高齢者・中高年の方もいるでしょう。でも、ちょっと待って!その非課税贈与が老後破産を招くかもしれません。何しろ、余命は延びる一方で、それに伴って必要な老後資金は多くなり、非課税贈与したらお金がなくなったなんてことになりかねないからです。 「All About(オールアバウト) [退職金 […]

老後のお金の悩みは何?3大不安とその対処法

老後のお金に不安を感じている人は、老若男女問わず、実に多いです。不安と言っても、その中身はいろいろのよう。なかでも多い3大不安とその対処法を考えてみました。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する