TAG

All About(オールアバウト) [税金・公的手当]

所得税が0なのに住民税が課税される理由

確定申告や年末調整など、所得税については気にしている人でも、住民税は気にしていないという人も多いようです。所得税はかからなかったけど、住民税の支払い通知が! その理由を見てみましょう。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

ボーナスにかかる税金と手取りの計算方法【2020年】

ボーナス・賞与をもらった時に、額面と手取り額との差に驚いたことのある人も少なくないでしょう。ボーナスから差し引かれる税金や社会保険料の額、手取り額はどのような仕組みで決まるのでしょうか。賞与の所得税の計算方法について解説しました。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

2020年の年末調整書類の変更点とは?配偶者控除等申告書が新様式に

サラリーマンの皆さんは年末になると会社から年末調整関係書類の提出を求められるかと思います。2020年・令和2年の年末調整では申告用紙が一部変更となっていますので、今回は変更となった書類とその内容について触れてみたいと思います。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

住民税特別徴収とは? 普通徴収との違いを解説

個人の所得に対して、都道府県には道府県民税(東京都は都民税)を、市町村には市町村民税(東京都特別区は特別区民税)を納めています。これらの税金を住民税といい、納付の方法には特別徴収と普通徴収があります。その違いはどのようなものでしょうか? 給与所得者は原則として特別徴収ですが、転勤、退職、休職などの場合は対象外です。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

住民税が給与天引きされない場合はどうする?7月から変えられる?

退職した・転職した場合は、年度の途中でも、自分で払う普通徴収から給与天引きする特別徴収へ切り替えをすることが可能です。切り替えを希望する場合は、特別徴収への切替依頼書に必要事項を記入の上、市町村等に提出することになります。7月から天引きされることも可能な場合もありますので、特別徴収義務者である給与支払者や市町村等に問い合わせてみましょう。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] […]

住民税の税額決定・納税通知書の見方。特にチェックしたいのはココ

サラリーマンなどの給与所得者は、会社などの給与の支払者を経由して、住民税の特別徴収税額の決定通知書を受け取ることになっていますが、給与所得以外の所得があり、普通徴収を希望した人や自営業の人などには、「住民税の税額決定・納税通知書等」が届くことになっています。今回はその内容を確認しましょう。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

住民税の所得控除額とは?所得税と違う項目と金額は?

所得税と住民税の計算は、所得控除を引いた課税所得に税率をかけて算出する流れは一緒です。しかし控除項目は同じでも控除金額に違いがあることをご存じでしょうか。今回は基礎控除、配偶者控除、生命保険料控除など違いがあるものを一覧で解説してみます 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

withコロナ時代の寄附金控除!医療対策支援はふるさと納税でできる

寄附金控除の仕組みのなかで新型コロナウイルスへの医療対策支援ができます。ひとつはふるさと納税を活用したもの、もうひとつは中止したイベント等にかかるチケットの払い戻しを受けない、というものです。代表的なケースと節税の仕組みを整理してみました。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

所得税はいくらから引かれる?パートは月給8万8000円に注意!【動画でわかりやすく解説】

所得税はいくらから引かれるのでしょう? アルバイトやパートで得る「給与所得」は、年間103万円以下であれば所得税を払う必要がありませんが、1カ月の収入が8万8000円以上あると、税金が引かれて手取り額が少なくなってしまう場合があります。源泉徴収税額表をもとに所得税の仕組みや税金を取り戻す方法を解説します。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する