イタリアの銀行がビットコイン取引を提供、国内封鎖で仮想通貨への関心が高まる

伊銀行がBTC取引の提供開始

イタリアの銀行「Banca Sella」は仮想通貨(暗号資産)ビットコインの取引サービスを開始した。同サービスは独自金融プラットフォーム「Hype」にて利用が可能だ。

サービス提供にあたり同行は、仮想通貨取引所におけるセキュリティリスクを緩和するための仲介として機能することになる。

イタリア国内ではコロナウイルスによる死者が発生源である中国を上回り、政府は現在、国内ほぼ全域で市民の外出を制限する封鎖措置を実施している。

こうした危機的状況の中、Banca Sellaはどこからでも利用可能で安全な送金手段としてビットコインに関心を寄せていると見られる。

すでにHypeのイタリア人利用者数は120万人にのぼり、同プラットフォーム上ではビットコインの売買だけでなく、ビットコインでモノ・サービスの支払いも行える。

Hypeのゼネラルマネージャーは、イタリア国内でビットコインを含む仮想通貨への高い注目を感じとっていると言及した。

15日、イタリア赤十字社は、コロナウイルス対策のため、仮想通貨(暗号資産)で寄付を受け付けていることが明らかに。集まった資金はインフラの整備や医療品の購入に利用される予定だ。

参考:Hype

CoinPostの注目記事

コロナウイルス対策を応援 日本発「アクトコイン」がオンラインイベントに支援金提供
日本発のトークンプロジェクト「actcoin」はコロナウイルスの影響によりイベントの中止が相次ぐ中、コインを利用してオンラインイベントを行う団体に支援金の提供を発表。社会貢献の見える化を目指す同プロジェクトに注目が集まる。
伊赤十字社、コロナ対策で仮想通貨の寄付受付 「ビットコインなど革新的技術こそ適している」
イタリア赤十字社が、コロナウイルス対策のため、仮想通貨で寄付を募っていることが分かった。関係者が目的や仮想通貨を利用するメリットを説明している。

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!