ジャック・ドーシー氏、Square社のビットコインマイニングステーション建設計画を公表


Squareがマイニングにアクセスしやすくするシステム構築を模索

TwitterSquareのCEO(最高経営責任者)であるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏は、Square社がハードウェアウォレットに加え、人々がマイニングにアクセスしやすくなるビットコインマイニングシステムの構築を模索していることをTwitterで明らかにした。

ドーシー氏が明らかにしたビットコインマイニングシステムの構築模索は、Squareによってすでに開発中のハードウェアウォレットに加えられる形でのシステム開発になるという。同氏はツイッターで計画をスレッド形式で公表。同システムがどのように機能するのか、そしてなぜそれが必要なのかを説明した。同氏の考える理想的なシステムとはカスタムシリコンとオープンソース開発を利用したものであると明らかにしている。同氏のシステムは、コミュニティとのオープンコラボレーションで設計されたSquareのハードウェアウォレットに似ていると述べた。

マイニングはさらなる分散の必要

ドーシー氏は、ビットコインネットワークのセキュリティを長期的に維持するには、マイニングのプロセスをより分散させる必要があると述べている。

現在、ビットコインマイニングは、大きな利益を生み出すために必要な大量のハッシュパワーのおかげで、参入障壁が非常に高くなっており、最近まで、ビットコインマイニングは中国に集中していたものの、中国政府による仮想通貨の取り締まり強化により、マイナーとマイニング事業が流出した。

エネルギー効率

マイニングが大幅にエネルギー効率を高めることについての重要性を強調している。

中国におけるマイニング禁止は、マイニングで使用される石炭の量を減らすのに役立っている。しかし、ドーシー氏は、この分野にはまだかなりの量の作業が残っていることを強調。現在、ビットコインネットワークハッシュレートの約半分が再生可能エネルギー源を使用しており、その数は着実に増加している。そのため、同氏はツイッターを利用し、ビットコインのエネルギー効率を高める必要があることを強調し、次のように述べている。

マイニングはより効率的な必要があります。クリーンで効率的なエネルギー使用に向けて推進することは、ビットコインの経済性、影響、およびスケーラビリティにとって素晴らしいことです。エネルギーは、シリコン、ソフトウェア、および統合の革新を必要とするシステムレベルの問題です。ここでの最大の機会は何ですか?

同氏は現在、シリコンの設計が集中しすぎて、供給が集中しすぎていると考えており、これらの要因が業界の垂直統合の欠如と相まり、平均的な人がマイニングへアクセスできなくなると考えている。

今日、個人が自分でマイニング業を経営することの複雑さを克服するための十分なインセンティブはありません。マイニング業を経営する人々にとって最大の障壁は何ですか?

なお、Squareチームは、新しいプロジェクトに必要な技術調査をすでに開始しており、TwitterとSquareを通じてビットコインの採用とインフラストラクチャーを増やすことに専念している。

The post ジャック・ドーシー氏、Square社のビットコインマイニングステーション建設計画を公表 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!