NO IMAGE

スウェーデン中央銀行総裁:ビットコインは「切手の取引」のようなもの


ビットコインは「切手の取引」

スウェーデン国立銀行(Sveriges Riksbank)のステファン・イングベス(Stefan Ingves)総裁がビットコイン(Bitcoin/BTC)について、切手の取引の様なものだと語っている事が分かった。

9月の第2週目に開催されたスウェーデンの銀行会議で、イングベススウェーデン国立銀行総裁は次のように語った。

民間資金は通常遅かれ早かれ崩壊する。確かに、ビットコインで取引することで金持ちになることができますが、それは切手での取引に匹敵します。

イングベス総裁は、仮想通貨がより主流になると、2021年初めに規制の監視に直面するとすでに述べていた。

各当局トップが仮想通貨の価値に言及

イングベス総裁は、仮想通貨市場に疑問を呈する他の中央銀行総裁に加わり、5月にはイングランド銀行のアンドリュー・ベイリー(Andrew Bailey)総裁は、仮想通貨はゼロにまでクラッシュする可能性があると述べ、本質的な価値はないとして次のように語っている。

私は彼らが本質的な価値を持っていないのではないかと思います。今では、彼らは本質的な価値を持っている可能性があるので、人々が彼らに価値を置いていないという意味ではありません。しかし、彼らは本質的な価値を持っていません。申し訳ありませんが、これを非常に率直に言います。すべてのお金を失う準備ができている場合にのみ購入してください。

さらにさかのぼり、2021年2月には、アイルランド中央銀行のガブリエル・マクルーフ(Gabriel Makhlouf)総裁は、ビットコインを購入することを選択した投資家は、仮想通貨に入れたすべてのものを失う準備ができているべきだとしたうえで、次のように語っている。

個人的には、私はそれにお金をかけませんが、明らかに、それは良い賭けだと考える人もいます。300年前、人々はそれが投資だと思ったので、チューリップにお金を入れました。

FRS(Federal Reserve Board=連邦準備制度理事会)のジェローム・パウエル(Jerome Powell)議長も、同じく2月にビットコインの人気についてコメント。仮想通貨を投機的な投資との見方を示し、ニューヨーク経済クラブとのインタビューで、人々が仮想通貨と呼んでいるものは、実際には投機の手段で、ドルのように誰もそれらを支払いに使用していないと語っている。また、パウエル議長はビットコインを金と比較し、何千年もの間、人間は金に持っていない特別な価値を与えてきた。ビットコインや他の仮想通貨ははるかに似ており、実際には支払いとして積極的に使用されていないと語っている。

同時期には米国財務長官のジャネット・イエレン(Janet Yellen)氏はビットコインを「非常に投機的な資産」と呼び、ビットコインは「送信メカニズムとして広く使用されている」わけではなく、「取引を行う非常に非効率的な方法」であると述べている。

The post スウェーデン中央銀行総裁:ビットコインは「切手の取引」のようなもの first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!