NO IMAGE

ドバイ規制当局の合意に従い、ドバイで仮想通貨取引が可能に


DWTCAが仮想通貨取引活動を合法化

ドバイ当局は、DWTCAフリーゾーンで暗号通貨を発行および取引することが合法に至った事が分かった。

DWTCA(Dubai World Trade Centre Authority =ドバイ世界貿易センター局)は最近、SCA(Securities&Commodities Authority=UAE証券・商品委員会)と提携し、管轄区域であるDWTCAフリーゾーン内で仮想通貨の取引、発行、規制を完全に合法化したと発表した。

今回の合意は、SCAのマリアム・アル・スワイディ博士(Dr. Maryam Al Suwaidi)のCEO代理、DWTCAのヘラル・サイード・アル・マリー(Helal Saeed Al Marri)事務局長、およびドバイ観光商務省(DTCM)幹部によって署名され、合意に至った。この合意により、DWTCAは、市内のすべての仮想通貨関連活動に必要な承認とライセンスを発行する権限を与えられる。このパートナーシップの下で、SCAは、DWTCA経済フリーゾーン内のすべてのトークンの提供、上場、取引、およびライセンス供与に関連するすべてのデジタル資産活動の規制監督を担当するとのこと。

アル・スワイディ博士はこの動きについてコメントし、合意は経済省とSCAの理事長であるアブドゥラ・ビン・トゥク・アル・マリー(Abdulla bin Touq Al Marri)からの指示に従い、規制当局は共通目標を達成するために共同で取り組むべきであると述べた。また、アル・スワイディ博士は、合意の下でSCAは、フリーゾーン内で活動する認可された事業体も監督、管理、調査すると述べている。

仮想通貨にやさしいハブになる

今回の動きは、国際投資やその他の起業家活動を引き付けるために、DWTCAがサービスのリストを拡大するのにさらに役立つとSCA理事長は述べている。

同理事長は、ドバイはイノベーションとデジタル主導の経済に向かって進んでいるため、DWTCAはブロックチェーン関連のビジネスをサポートすることに失敗することはなく、ブロックチェーン関連のビジネスはグローバルな決済業界の不可欠な部分になると信じていると述べたうえで、次のように語っている。

非代替トークンなどの新しいテクノロジーが商取引の将来に重要な役割を果たすように設定されているため、DWTCAは、将来の準備を維持するために、このエコシステムに持続可能な家を提供する方法を追求しています。


ドバイのブロックチェーン採用

ドバイはグローバルなブロックチェーン採用の世界的リーダーになるために重要な動きをしている。

2020年スマートドバイイニシアチブを開始した同国は、DLT(Distributed Ledger Technology=分散型台帳技術)によって完全に電力が供給される最初の都市になる予定だ。昨年、ドバイで最も古いプライベートバンクであるマシュレク銀行(Mashreq Bank)は、ブロックチェーンテクノロジーを利用して、顧客のセキュリティを強化させ、スマートバンキングプラットフォームを作成している。

The post ドバイ規制当局の合意に従い、ドバイで仮想通貨取引が可能に first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!