バイナンス、規制対応強化で諮問委員会を設立 米オバマ政権の元幹部らが参加

Web3の未来を推進大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは22日、「BinanceGlobalAdvisoryBoard(GAB)」という諮問委員会を設立したことを発表した。GABの目的は、Web3の未来を推進すること。具体的には、業界が発展するにつれてバイナンスが直面する規制の問題や政治的・社会的課題について、専門的な助言を行う。このタイミングでGABを設立した理由について同社最高経営責任者のCZ氏は、仮想通貨が一般の人々に急速に普及し始めており、今が転換点にあるからだと説明した。
Readmore…

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!