ビットコイン11000ドル回復、イーサリアム関連のDeFi市場は再び活性化

世界経済と仮想通貨市場注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による米経済支援のため、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0-0.25%で据え置くことを決定。「少なくとも、2023年までゼロ金利が続く」との見通しを示した。パウエル議長は、「景気回復は大方の予想よりも速いペースで進んでいる」と評価しつつ、ゼロ金利の解除検討条件として、一時的にインフレ率2%を上回る軌道に乗ることを挙げた。新型コロナ対策を念頭に、大規模緩和を当面維持する方針を明確にした格好だ。…

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!