NO IMAGE

ブラジルのデジタル銀行大手がPaxosと提携して仮想通貨サービス提供へ


ヌーバンクがビットコインとイーサリアムの直接取引をサポート

サンパウロに拠点を置くラテンアメリカ最大のデジタル銀行ヌーバンク(Nubank)は、銀行アプリ内の仮想通貨取引サービスをサポートするため、ブロックチェーンインフラストラクチャープラットフォームPaxosとのパートナーシップ契約に署名した事が分かった。

2022年5月11日(水曜日)に発表された最新のプレスリリースで、Nubankは、顧客がビットコインとイーサリアムを、銀行アプリを介して直接購入、販売、保持できるようになると述べた。仮想通貨の購入は0.2ドル(約25.7円)からで、発表によると、ヌーバンクの新サービスは、ユーザーにシンプルかつシームレスな仮想通貨体験を提供することを目指しており、ヌーバンクのダビド・ベレス(David Vélez)共同創設者兼CEO(最高経営責任者)は次のように語っている。

仮想通貨がラテンアメリカで成長しているトレンドであることは間違いなく、これは私たちが綿密にフォローし、この地域に変革の影響を与えると信じています。それでも、顧客がこの新しい市場に参入する自信を持っていると感じるための情報が不足しているか、複雑な経験に不満を感じているため、取引経験は依然として非常にニッチです。


ヌーバンクは取扱い仮想通貨の拡大予定

ヌーバンクは現在ビットコイン(Bitcoin/BTC)とイーサリアム(Ethereum/ETH)をサポートしているが、将来的にはさらに多くの仮想通貨を導入する予定という。

2022年5月から仮想通貨取引サービスが段階的に開始され、7月末までにデジタル銀行の5,000万人を超える顧客ベース全体に拡大される計画だ。パートナーシップ契約では、Paxosがブローカーおよびカストディプロバイダーとしても機能し、Paxosのチャールズ・カスカリラ(Charles Cascarilla)共同創設者兼CEOは、次のように語っている。

ヌーバンクの仮想通貨取引市場への参入の動きは、会社だけでなく、この地域での仮想通貨の採用を加速するための戦略的な動きを表しています。

また、プレスリリースの中で同銀行の親会社であるNu Holdingsが、バランスシートの1%に相当する非公開のビットコイン購入も明らかにし、発表によると、この取引は、この地域の金融サービス業界におけるビットコインの現在および将来の可能性に対する同社の確信を強化するものと述べている。

The post ブラジルのデジタル銀行大手がPaxosと提携して仮想通貨サービス提供へ first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!