マスターカード、仮想通貨エコシステム対応で3つの事業戦略

3つの戦略を示す米決済大手のマスターカードは11日、暗号資産(仮想通貨)の経済体系における3つの事業戦略を示した。マスターカードは投資家向けのバーチャルイベントで開示したプレゼンテーション資料で、「仮想通貨の使用可能性」、「仮想通貨サービス」、「ネットワークアクセス」という3つの戦略テーマを明かした。「仮想通貨の使用可能性」については、仮想通貨の売買、現金化、および報酬という点が示されている。「仮想通貨サービス」のほうでは、セキュリティ対策(CipherTrace)、アイデンティティサービス(Ekata)…

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!