NO IMAGE

リップルは、仮想通貨の革新推進のためにトロントエンジニアリングハブを開く


Rippleがトロントに新オフィスを開設

ブロックチェーンと仮想通貨ソリューション企業であるRipple社は、トロントに新オフィスを開設し、重要なエンジニアリング拠点として機能させることを発表したことが分かった。

リップル社は、カナダに初のオフィスを開設し、北米を中心とした同社の継続的な拡大をサポートする予定であり、まずトロント市内で50名のソフトウェアエンジニアを採用する予定とのこと。というのも、Rippleは、UBRI(大学ブロックチェーン研究イニシアチブ)と、ウォータールー大学やトロント・メトロポリタン大学など、トロント地域と深い結びつきがあり、ブロックチェーンと仮想通貨技術のいくつかの重要な領域において、最先端の研究をサポートする機会を提供。長期的には応用機械学習科学者、データサイエンティスト、プロダクトマネージャーに加え、数百名のブロックチェーンソフトウェアエンジニアを採用する意向を明らかにした。

Rippleは世界レベルの人材をトロントへ

仮想通貨関連企業は最近、大規模なレイオフを行うなど人件費の削減に動いているが、Ripple社の最優先事項は、今後数年間、新製品の革新と顧客へのサービス向上に貢献する世界レベルの人材を採用することにある。

実際同は、この1年間でマイアミやダブリンなど世界中の主要都市に新たなオフィスを開設しており、2022年には世界中で数百人を雇用する計画を明らかにしている。なかでもトロントオフィスの開設は、すでにテクノロジーハブとして知られるこの地域に対する同社のコミットメントを示している。そのため同社は、地元の人材プールを活用し、トップエンジニアを採用することで、トロントで仮想通貨イノベーションの文化を育てていくつもりとのことで同社のCEO(最高経営責任者)であるブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏は次のように語っている。

仮想通貨とブロックチェーンは、エンジニアが難しい問題に取り組むための素晴らしい機会を提供し、これらのソリューションが世界中の価値の移動に影響を与える可能性があり、将来のグローバルな金融システムを支えるこの技術を活用するために、暗号化戦略を打ち出しています。仮想通貨は働く上で最もスリリングな業界の1つであり、人材が技術系の既存企業や伝統的な金融を離れ、この領域に参入しているのは当然のことです。私たちは、トロントの最初のオフィスとともに、世界的にプレゼンスを拡大することで、ビジネスのスケールアップと投資を続けています

一方で、トロント市長のジョン・トーリー(John Tory)氏は、Ripple社がトロントに根を下ろし、高度に熟練した技術者、活気あるエコシステム、競争力のある経済的優位性から恩恵を受けることができると確信しているとコメントしている。

The post リップルは、仮想通貨の革新推進のためにトロントエンジニアリングハブを開く first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!