リップル社など業界企業が「デジタルポンド財団」設立、英国のCBDC導入を推進

CBDC導入を推進する新たな業界団体リップル社をはじめとする暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン企業らは14日、非営利団体「デジタルポンド財団」の設立を発表した。英国に拠点を置き、CBDC(中銀デジタル通貨)の採択を推進していく。デジタルポンド財団は英国でのCBDCとなるデジタル・ポンドの採択を推奨する非営利団体。リップル社からはポリシー部門の責任者であるSusanFriedman氏が同財団の取締役員として参画する。同団体に加盟する企業は以下の通り。アクセンチュアとともに、次世代型の高速ブロックチェーン…

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!