NO IMAGE

中国人民銀行、デジタル人民元を規制する法律導入を計画


中国人民銀行、デジタル人民元を規制する法律導入を計画

中国の中央銀行である中国人民銀行(PBOC)は23日、中国のデジタル人民元(CBDC)に規制の枠組みと正当性を提供することを目的とした法律案を公開した。

公開された内容によると、法案では人民元が中華人民共和国の公式通貨であることが明記されており、11月23日までPBOCの法案に対するパブリックコメントを募集している。

法案はまた、人民元が裏付けられたデジタル通貨に対する第三者の取り組みを狙っているようであり、個人および機関は、デジタル人民元の流通を「置き換える」ように設計された通貨を作成および発行することを禁じられるようだ。この動きは、おそらくすべての非国家公認の人民元支援の安定したコインを犯罪化する。

この提案された法律の違反者に対する懲罰的措置は厳しいもので、特に、刑事訴追と懲役の可能性に加えて、すべての利益を没収し、すべてのトークンを破壊、違法な金額の5倍以上の罰金を科すとされている。

新法案はいつから始まるのか?

以前の報告によると、中国は2022年2月に北京で開催される冬季オリンピックの前に正式にデジタル人民元の発行を開始したいと考えている。さらには10月初め、中国は深センにてデジタル人民元決済システムのパイロットテストを実施し、その一環として47,500人近くの国民へ200元(30ドル)が配布され、市内の3,389店舗で使用されたことが報告されている。

今回の規制の動きは、CBDCへの世界的な流れの中で、最新のものでもある。国際決済銀行は、7つの中央銀行と協力して、中央銀行が公共政策の目的を達成するために必要なCBDCに必要な基本原則を定義したと語っている。

中国人民銀行は、新法案が2020年11月23日まで公開協議の対象になっていることを明らかにした。

The post 中国人民銀行、デジタル人民元を規制する法律導入を計画 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!