仮想通貨取引所の匿名利用に関する新法案 スペイン国会で採決へ

スペインの動きスペインの国会が今年の下半期にも仮想通貨(暗号資産)取引所に関する規制法について、採決を行う予定であることが、政府の公式文書で明らかになった。経済省が以前から準備していた法案で、国内の仮想通貨取引所およびウォレット業者、カストディ業者等サービス事業者が資金洗浄・テロ資金対策の規則を遵守する。法案が可決されれば、スペイン国内の関連事業者は金融当局で事業登録を行い、規則を遵守するための対策を整えていることを証明することが義務化される。また、利用者の個人認証(KYC)として実名制を実施することも、…

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!