NO IMAGE

仮想通貨取引所Krakenがサンフランシスコ本社を閉鎖


Krakenがサンフランシスコ本社を閉鎖

人気仮想通貨取引所Krakenのジェシー・パウウェル(Jesse Powell)CEO(最高経営責任者)が、サンフランシスコにあるKrakenの本社を閉鎖することにした理由について詳しく説明した事が分かった。

Krakenは先駆的なビットコイン取引所の1つ、ニューヨークにもこの本部を保有していたものの、ニューヨーク市は2015年以降、厳格なBitLicense規制を発表し、同本部を閉鎖している。同CEOは、ユーモアを交えて、(規制当局は)州を3年前から支配しているが、彼らはあなたをストーカーし続けていると述べている。2022年4月、同CEOはKrakenをサンフランシスコから連れ出すことを決断。その理由について、犯罪や薬物乱用などの街の無法状態が蔓延しているため、サンフランシスコの本部を閉鎖することにしたと語っている。

州規制の中で続くサンフランシスコ離れ

KrakenのライバルであるCoinbaseも、今年2月にサンフランシスコ本社を閉鎖している。ただし、同取引所は本社閉鎖の理由について、コロナパンデミックなどの理由を挙げている。

Krakenは分散型企業であることを具現化したいと考えており、物理的な本社がなくても十分に稼働する可能性が高い。パウエルCEOは、特に犯罪者を守り、法を遵守するサンフランシスコ市民の権利と安全を無視し続ける限り、この都市は安全ではないとの考えを明らかにしている。

日本語訳:
速報:Krakenのジェシー・パウエルCEOは本日、サンフランシスコでの横行する犯罪とDA chesaboudinの失敗に関する声明を発表しました。

2022年4月、サンフランシスコの政治評論家であるリッチー・グリーンバーグ(Rich Greenberg)氏はTwitterを介し、KrakenのパウウェルCEOがリツイート。公式な発表や声明はされなかったものの、当時からKrakenがサンフランシスコから離れるのではないかと関心が寄せられていた。

The post 仮想通貨取引所Krakenがサンフランシスコ本社を閉鎖 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!