会社員と自営業、同じ保険料なのに年金に月9万円の差ができる?どうして?

現在、国民年金の保険料は16,540円(令和2年度)です。しかし、この保険料とほぼ同じ額を支払っている会社員の厚生年金加入者と、国民年金保険料だけ支払っている自営業の人の将来受け取る年金額を比べると、何と月9万円も差が付くことがあるのです。この格差はどういう仕組みで生まれているのでしょうか?年金格差の裏には、勤務先の協力があるのです。

「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!