元商品委員長のティモシー・マサド氏、テザー、ステーブルコインの規制強化を呼びかけ


元CFTC委員長がテザーとステーブルコインの規制強化を呼びかけ

CFTC(米国商品先物取引委員会)のティモシー・マサド(Timothy Massad)元委員長は、テザー仮想通貨の発行元であるTether Limitedは、ニューヨークの検察当局との和解の下で要求されるよりも、取引について透明性を高めるべきだと述べたことが分かった。

商品先物取引委員会の元委員長は、ステーブルコイン、つまり法定通貨など、他の資産にペッグ(価値が連動)するために作成された仮想通貨の規制を強化するよう求めていることが分かった。オバマ政権時代の大半で同委員会を率いていたマサド氏は、CNBC のジム・クレイマー氏に対し、テザー・リミテッドが、NEXTMONEYの特集記事「Tether(テザー)社とBitfinex社がNYAGと和解|ビットコイン業界にとって前向きな一歩」で報じているように、2021年2 月にニューヨーク州司法長官と和解したことで、投資家は透明性を高められると語った。

ステーブルコインの中で最も価値の高いテザー

仮想通貨テザーは、最も価値のあるステーブルコインであり、6月10日付のCoinMarketCapによると、ビットコインとイーサリアムに次いで3番目に価値を有する仮想通貨だ。

CoinMarketCapより画像引用

ハーバード大学ケネディ行政大学院(Harvard’s Kennedy School)の上級研究員であるマサド氏は、次のように語っている。

テザーやその他のステーブルコインに対するより良い規制の枠組みが必要で、このような問題が発生しないように、より優れたフレームワークが必要です。

 

テザーやステーブルコインにより良い規制の枠組みを求める

テザーと関連会社のBitfinex(ビットフィネックス)は、運営母体のiFinex Inc.(イフィネックス)が所有する会社が8億5000万ドルの損失をカバーするために資金を移動したという申し立ての調査を終了するために、検察官と1,850万ドル(約20億円)の和解に合意している。

ニューヨーク州司法長官は、同社が2018年と2019年に準備金の状況を誤って伝えたと主張し、3月に最初のレポートを作成。そのレポートは、コインに投資されたお金のいくつかの不透明な使用法を明らかにしている。報告書によると、テザーは資産の13%を担保付きローンで、15%をコマーシャルペーパーおよび無担保の短期借入金で保有していた、とマサドは買っており、次のように指摘した。

彼らがどんな種類のローンであるか、誰の融資先なのかはわかりません。そして、彼らがどんな種類の紙を購入しているのかもわかりません。それはすべて懸念事項なので、ここでもっと開示する必要があると思います。

Tether(テザー)社とBitfinex社がNYAGと和解|ビットコイン業界にとって前向きな一歩

2021.02.24

The post 元商品委員長のティモシー・マサド氏、テザー、ステーブルコインの規制強化を呼びかけ first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!