妻の年収150万円を超えると働き損?151万円の所得税や住民税は?

以前の控除対象配偶者は年収103万円以下が基準でした。しかし税制改正により「103万円の壁」が「150万円」となりました。そこで妻の年収149万円と151万円の場合どうなるのか事例を使って解説します。

「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!