NO IMAGE

宇宙領域においてブロックチェーンが主役に


宇宙レースにブロックチェーン

宇宙は月の採掘を管理する自律型ロボットから分散された宇宙活動の統治に至るまで、ブロックチェーン上で実行される可能性があると専門家は述べている。

専門家によると、NASA(航空宇宙局)の月、そして最終的には火星に戻るという野心的な計画を見越し、現在宇宙活動が加速しており、ブロックチェーンは復活する宇宙産業で果たす重要な役割を果たす可能性がある。

Forkast News「Blockchain in space: how smart contracts can help with space mining, governance and more」より動画引用

※動画は全編英語のため、日本語訳が必要な方は、画面右下に表示されているアイコンから、「字幕」アイコンをクリックし、次に「設定」アイコンを開いて「字幕」→「自動翻訳」→「日本語」の順に設定すると、日本語の自動翻訳が表示されます。

ブロックチェーンとスペースマイニング

NASAが2024年までに月に行ってサンプルを取得することをいとわない企業を探していると最近発表されている。専門家は、ブロックチェーンがサプライチェーンのセキュリティ、ガバナンスなどを含む宇宙での将来の活動を支援できると信じている。これらのことからも分かるように、ブロックチェーンが宇宙産業に関与するのはそう遠くないかもしれない。

引退したカナダの宇宙飛行士、クリス・ハドフィールド(Chris Hadfield)氏は、Forkast.Newsに対して次のように語っている。

私たちは月面で、地球上にいる企業や人々にとって計り知れない価値や市場価値のあるものを見つけるつもりです。そこに私たちは前向きに考える必要があります。それをサポートするためにどのように構造的にセットアップできるのでしょうか。宇宙産業の発展はブロックチェーンにとっての絶好の機会をもたらすでしょう。

空間における分散型ガバナンス

1967年の宇宙条約が各国の管轄権を地球に限定しているため、ブロックチェーンは、特に宇宙での運用ルールの作成に重要な役割を果たす可能性があると考えられており、スマートコントラクトによって管理される宇宙活動に従事する企業の将来のコンソーシアムが答えになる可能性がある。

イスラエルによると、宇宙統治は3層の宇宙法、つまり政府内および政府内政策と、地球上の政府によって設定された法律の範囲内で機能する私的ルールベースのシステムによって導かれる可能性がある。

このスマート契約ガバナンスシステムが機能するためには、ルールを遵守する必要があり、潜在的なペナルティに対処するために当事者が契約の一部として相当量の価値をコンソーシアムに固定しなければならないケースも出てくるとみられている。現時点で宇宙ベンチャーに適用されるブロックチェーンの役割はまだ決定されていないものの、宇宙における分散化のその特性は、将来の考慮事項の重要な側面になる可能性がある。

テクノロジーが成熟するにつれ、イスラエルは、スマートコントラクトは衛星事業者が互いに法的強制力のある約束をすることを可能にし、ほとんどが自己規制すると主張している。

The post 宇宙領域においてブロックチェーンが主役に first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!