日本発のパブリックブロックチェーン「Plasm Network」開発のステイク、11億円を資金調達

ステイクが11億円を資金調達日本発のパブリックブロックチェーン「PlasmNetwork」と「ShidenNetwork」の開発を主導するステイクテクノロジーズ(StakeTechnoloigesPteLtd)が、総額で約11億円の資金調達を行なったことを発表した。FenbushiCapitalがリード投資家となり、Polkadotの共同創業者が立ち上げたファンドや、ソニーの元会長で、現在クオンタムリープで代表取締役会長を務める出井伸之氏らが出資。調達額には調達後の運用益も含まれ、プロダクト開発や国際的な…

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!