東南アジア最大手銀行、米ドルや日本円対応の仮想通貨取引所「DBSデジタル取引所」を開設へ

DBSの取引所シンガポールおよび東南アジアにおける最大手銀行「DBS銀行」が独自の暗号資産(仮想通貨)取引所をローンチする。THEBLOCKなど複数のメディアが報じた。仮想通貨に関連する規制が先進的なシンガポールにおいて、主に機関投資家を中心に展開する狙いがある。DBS銀行はシンガポールの最大手商業銀行で、2019年度で5800億ドルに及ぶ資産を管理。金融誌ユーロマネーで「World’sbestdigitalbank」の称号を得るなど、世界一のデジタルバンクとして知られる存在だ。新たにローンチする取引所は…

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!