NO IMAGE

欧州委員会が仮想通貨取引に関するEUの新しいAMLガイドラインを提案


欧州委員会がた新AMLガイドラインを提案

欧州委員会は7月20日(火曜日)、現在のマネーロンダリング防止規制を強化した新しいAMLガイドラインを提案したことが分かった。

欧州委員会当局者は、国際監視機関のFATF(金融活動作業部会)の勧告を受けており、仮想通貨の転送に関する規則を強化する決定を下した。公開された提案は、管轄内のマネーロンダリング(資金洗浄)活動に悪用されることから、資金移動を状況に応じて説明するための追加情報を収集することを目的としており、同委員会は次のように述べている。

EU(欧州連合)のAML/CFT(マネーロンダリング防止およびテロ資金供与対策)ルールは仮想通貨に完全に適用され、すべての仮想通貨サービスプロバイダーは、仮想通貨がマネーロンダリングに使用されないようにするために、EUルールを適用する必要があります。

公開された提案によると、転送を行うサービスプロバイダーは、金融テクノロジー企業、仮想通貨取引所、仮想通貨ウォレットプラットフォームから、アカウント番号(各サービスプロバイダーのシステムに基づく)を含む転送発信者の名前にアクセスする必要がある。また、トランザクション処理に使用された場所、差出人の住所、公式の個人文書番号、顧客ID番号、または生年月日や出生地などの識別の根拠となる可能性のあるその他の個人情報を把握することが必要と明記されている。

さらに、10,000ユーロ(約130万円)を超える現金取引の禁止を提案することにより、仮想通貨からの関連取引を含むすべての金融取引の規制手続きを強化するため、新しい金融規制当局である金融活動タスクフォース(FATF)の設立を提案している。実際、仮想通貨の制度的採用に伴い、仮想通貨取引所が世界的にサイバー犯罪の対象になることも増えており、分散型のお金のシステムは匿名で追跡が難しいため、マネーロンダリングに簡単に利用されるという側面が指摘されている。

新AMガイドラインには数カ月から数年必要

本日の発表により、欧州委員会はEU加盟国とEU議会に従わなければならず、そのプロセスには、数カ月から数年かかる可能性が指摘されている。

一方、EUのガイドラインは、他の国々によってテンプレートとして使用されることが想定されており、米国は最近、取引所が1万ドル(約110万円)を超えるすべての取引を報告するAMLガイドラインを提案。同じく、韓国FSC(金融サービス委員会)のウン・ソンス(Eun Sung-soo)会長は、韓国地域で運営されている仮想通貨取引所はすべて、FSCのAML規制によって義務付けられると発表したことで、韓国の取引所は現在閉鎖に直面している。

The post 欧州委員会が仮想通貨取引に関するEUの新しいAMLガイドラインを提案 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!