米国中央銀行、デジタル通貨パイロット5社を立ち上げるデジタルドルプロジェクト開始へ


米国・中央銀行デジタル通貨のテスト実験のためのパイロットプログラムを開始

米国の非営利デジタルドルプロジェクが5月3日(月曜日)、米国の中央銀行デジタル通貨のテスト実験のため、今後12カ月間に5つのパイロットプログラムを開始すると発表した。

民間セクターのパイロットは当初、アクセンチュアPlcから資金提供を受け、金融会社、小売業者、NGO(非政府組織)などが関与するとのこと。Accenture(アクセンチュア)とDigitalDollarFoundationのパートナーシップであるデジタルドルプロジェクトは、米国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究を促進するために2020年に作成されたプロジェクトだ。同プロジェクト設立の目的は、米国の政策立案者がデジタルドルを開発するのに役立つ可能性のあるデータを生成することだという。CFTC(商品先物取引委員会)の元会長であり、デジタルドルプロジェクトの共同創設者であるクリストファージャンカルロ(Christopher Giancarlo)氏は、次のように語っている。

他国のデータに基づき、CBDCに関する会議や論文が毎週世界中で発表されています。ないのは、その議論を知らせるための米国からの実際のデータとテストです。その実世界のデータを(今後)生成しようとしています。


さまざまなセクターからデジタル通貨発売の模索が始まる

CBDCは、紙幣や硬貨のデジタル版であり、中央銀行に対する直接のデジタル請求を保有者に提供し、即時の電子支払いを可能にする、中央銀行などが発行するデジタル通貨を指している。

デビットカードや決済アプリはデジタルキャッシュの一形態だが、これらの取引は、中央銀行が銀行の口座に入金した金額に基づいて商業銀行によって作成されるもので、デジタル通貨とは本質的に大きく異なっている。これらは完全に政府の支援を受けずに民間企業によって成り立っており、問題が発生した場合、解決するのに数日かかることがあり、しばしば料金が発生することがデメリットでもある。一方、仮想通貨は民間の関係者によって管理されているもので、CBDCやデビットカードとは異なる。

中国やヨーロッパを含む世界中の中央銀行は、仮想通貨からの脅威をかわし、支払いシステムを改善するために、CBDCプロジェクトを復活させている。民間では、本日付の当NEXTMONEYの特集記事「PayPal、ステーブルコインの立ち上げを模索で開発者間ラウンド実施」で報じているように、カリフォルニア州に本拠を構える大手電子決済サービスを提供するPayPalが、ステーブルコインの発売を模索しており、すでに業界のステーブルコインプロトコル開発者間でラウンドを行ったと報じられている。

デジタルドルは高速化より正しく取得することが重要

世界で最も広く使用されている通貨の発行国として、FRB(米国連邦準備制度理事会)はより慎重に動いている。MIT(マサチューセッツ工科大学)と協力し、架空のデジタルドルのテクノロジープラットフォームを構築しているが、ジェローム・パウエル(Jerome Powell)議長は先週、デジタルドルを高速化するよりも正しく取得することが「はるかに重要」であると述べている。

ジャンカルロ氏は、パウエル氏は慎重であることが正しいと述べたが、中国が前進するにつれ、米国はプライバシーや商取引の自由、言論などの米国の価値観をCBDCの開発に組み込むことについて議論を推進しなければならないと語った上で、次のように語っている。

これまでの技術革新と同様、米国がリーダーシップを発揮することが重要です。

ジャンカルロ氏によると、デジタルドルは、取引手数料が多くのアメリカ人の主流の金融サービスへのアクセスを妨げる米国での金融包摂を後押しする可能性もあるという。なお、パイロットプログラムは、3つが今後2カ月で開始され、デジタルドルの機能的、社会学的、ビジネス用途、メリット、その他の側面に関するデータを生成することで、FRBのMITプロジェクトを補完され、データについても公開される予定とのことだ。

PayPal、ステーブルコインの立ち上げを模索で開発者間ラウンド実施

2021.05.04

The post 米国中央銀行、デジタル通貨パイロット5社を立ち上げるデジタルドルプロジェクト開始へ first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!