米SEC、企業の資金調達関連で規制緩和

資金調達の上限額を引き上げへ米国証券取引委員会(SEC)が資金調達に関する手続きの規制緩和を実施、資金調達できる金額の上限額も引き上げられた。トークン化したセキュリティトークンも適用される可能性がある事例として注目も集まる。この草案は、今年3月にSECによって提出され、規制緩和の必要性について議論が展開されていた。先月には、SECのコミッショナーHesterPeirce氏(クリプトママ)も、SECの会議にて資金調達に関する規制緩和の必要性について訴えている。今回の変更では、規制に係るコンプライアンス手続き…

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!