米SECゲンスラー委員長「有価証券を裏付け資産に持つ仮想通貨は証券法を遵守すべき」 

仮想通貨の有価証券性米証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長は、有価証券を裏付け資産に持つトークンやステーブルコインなどの暗号資産(仮想通貨)関連商品が、有価証券に分類される可能性があるという見解を示した。具体的な名称は挙げていなかったようだが、バイナンスやFTXが提供を開始した株式トークンのような商品を念頭に置いた発言と見られる。こういったサービスを提供するプラットフォームは、中央集権型でも分散型であっても、米連邦証券法を遵守して報告義務にも従い、SECの管轄下に置かれるべきだと語った。株…

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!