NO IMAGE

英国財務省はホストされていないウォレットへのKYC導入計画を放棄


英国財務省が仮想通貨ウォレットへのKYC導入計画を放棄

英国財務省(Her Majesty’s Treasury)は、仮想通貨基金のすべての送信者に、それらのファンドの受信者を識別する情報であるKYC(顧客確認)収集要求計画を後退させたことが分かった。

同財務省は、ホストされていないKYCデータ収集ルールを作成することはほとんど意味がないと述べ、導入計画を放棄。報告書の中で、同省は次のように述べている。

政府は、ホストされていないウォレット取引が自動的により高いリスクと見なされるべきであることに同意しません。正当な目的で仮想通貨を保有している多くの人は、コールドウォレットストレージなど、カスタマイズ性と潜在的なセキュリティ上の利点のためにホストされていないウォレットを使用しており、ホストされていないウォレットが違法な資金で使用されるという不釣り合いなリスクを示すという十分な証拠はありません。


主要企業との協議に基づく英国財務省の決定

今回の英国財務省によるKYC導入計画放棄の決定は、マネーロンダリング(資金洗浄)に関する規則の更新に関する規制当局、業界関係者、学者、および政府機関との協議に基づいているという。

提案された規則は、金融機関と仮想通貨取引所が国際決済に関する情報を収集し、保存することを義務付けたが、業界の多くは非現実的かつ制限的であると考えている。回答者らは、短期と長期の両方のコストが発生すると述べており、より適切に規制された資産クラスであるという利点によってコストが部分的に相殺される可能性があるとの指摘もみられている。これらの回答に対して英国財務省は、旅行規則の実施は業界にコストをもたらすことを認めているものの、それが全体的な利益をもたらすことを強調している。

ホストされていないウォレットが主要な規制課題

ホストされていないウォレットに焦点を当てているのは英国だけではなく、世界中で複数国の規制当局がこの問題について声明を発表し、何らかの形の管理が必要になると述べている。

EU(欧州連合)議会は最近、ホストされていないウォレットに影響を与える修正に賛成票を投じている。仮想通貨業界は、プライバシーに大きな影響を与えるとの批判に迅速に対応しており、大手仮想通貨取引所Coinbaseなどの批評家は、「取引所の監視体制全体を解き放ち、イノベーションを抑制し、個人がデジタル資産を安全に保護するために使用する自己ホスト型ウォレットを弱体化させる」と述べている。

ホストされていないウォレットのルールが与える最大の影響は、DeFi(分散型金融)市場にあり、DeFiが有する性質と、経済的リスクの両方のために、しばらくの間当局の監視下にあった。IMF(International Monetary Fund=国際通貨基金)は、DeFiは財政の安定リスクをもたらすと述べており、ステーブルコイン発行者の規制を求めている。

The post 英国財務省はホストされていないウォレットへのKYC導入計画を放棄 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!