NO IMAGE

韓国、ブロックチェーン運営の自由貿易地域を検討


韓国、ブロックチェーン運営の自由貿易地域を検討

韓国の慶北道にある安東市は7月7日、産業用大麻の自由貿易地域を運営する許可を与えられたと発表しており、さらにブロックチェーンベースのプラットフォームを通じて運用を管理することを明らかにした。

地元紙Newspimによれば、慶北の知事であるリー・チョルウ氏は記者会見を開き、市に与えられた許可を明らかにしたという。この地域でスマートファーミングとハイテクバイオインダストリーソリューションを実装することにより、地域の専門産業の新しいモデルを提示することを目的としている自由貿易地域を検討していると話す。

政府は、特定の地域での大麻の工業生産を可能にするために、70年前の麻薬法の条件を緩和し、明山の自由貿易圏のインフラが完成した後に開始される予定の無名のブロックチェーンプラットフォームによって処理する計画を明かした。

これまでは、既存の麻産業は繊維と種子のみを認められていたが、新しい指定により、医療用大麻の工業化を通じて、工業地域が高価値のバイオマテリアル市場を創出できるようになるとのこと。また、ブロックチェーンベースのプラットフォームは、生産ライン追跡ソリューションを提供し、製品を品質、出荷元、最終仕向地のカテゴリーで分類することを可能にするとのことだ。

リー・チョルウ氏は、「この特別規制区域は、麻薬の合理的な工業化計画を模索しているという点で、既存の特別区域とは異なる特別な意味を持っています。私たちはさらに成長し、会社が溢れる新しい歴史を書くことができるようにします。」と述べた。一方で釜山でも、韓国の官民共同体がブロックチェーンを利用した医療観光プラットフォームを構築する意向を発表している。

韓国で2番目に大きい都市が、市民の情報を検証するためにパブリックブロックチェーンを使用する識別アプリを立ち上げたと報告されているが、アプリは、釜山ブロックチェーン規制のないゾーンの規制サンドボックス内で作業する韓国のスタートアップ、Coinplugによって開発されているようだ。今回、韓国政府がブロックチェーン運営の自由貿易地域を設けたことで、今後この地域にブロックチェーン関連企業が進出してくる可能性があり、ブロックチェーン開発の進展に影響してくるだろう。

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!