韓国国民銀行が仮想通貨サービスで商号登記申請か ビットコインなどの取引も事業内容に=現地メディア

韓国銀行初、仮想通貨関連サービス提供準備か

韓国最大手銀行の1つである國民銀行(KB)が仮想通貨関連サービスに係る商号登記の申請を行なったと現地メディアDigital Todayが報じた。

報道によると、1月31日に商号登記の申請を行なっていたことを金融関係者が証言したという。申請した商号は『KBデジタルアセットカストディ(KBDAC)』で、申請資料に記載された事業内容は、ビットコインやイーサリアムなどのデジタルアセットの投資・取引・コンサルのほか、カストディやOTC、投資信託など多岐にわたるという。

KB銀は2019年6月にブロックチェーン企業Atomrigs Labとの提携を決めた。

仮に審査が通りサービスをローンチされれば、韓国で初めて民間銀行が仮想通貨の取引サービスを提供することに繋がる可能性もある。規制の厳しい韓国で仮想通貨市場の活気が復活する可能性を指摘する声もみられた。

参考:8BTC転載

CoinPostの注目記事

スイス初、銀行発行の仮想通貨ステーブルコインが発表
スイスのデジタル資産銀行「シグナム」は先日、スイスの法定通貨フランに準拠する仮想通貨ステーブルコインを発表。スイスで規制される銀行が初めてステーブルコインを発行する。
イタリアの銀行がビットコイン取引を提供、国内封鎖で仮想通貨への関心が高まる
イタリアの銀行「Banca Sella」がビットコインの取引サービスを開始し、BTCでの決済も可能に。責任者は新型コロナによる非常事態で、イタリア国内における仮想通貨への高い関心を示唆した。

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!