4兆円規模のヘッジファンド、ビットコイン先物取引を検討 通貨インフレヘッジで

大手ヘッジファンドが仮想通貨に380億ドル(4兆円)規模のヘッジファンドを運営する著名投資家PaulTudorJones(ポール・チューダー・ジョーンズ)が、ヘッジファンドとしてビットコイン先物取引を検討していると明かした。Jonesは1987年の「ブラックマンデー」を予測した人物としても知られる著名資産家でもある。米紙ブルームバーグの報道によると、Jonesは「グレイト・マネタリー・インフレーション」と題した投資家レターで、中央銀行の通貨発行によるインフレリスクをヘッジする手段として、ビットコインが「ベ…

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!