NO IMAGE

BitMEX親会社、仮想通貨以外の分野に興味示す


BitMEX親会社、仮想通貨以外の分野に興味示す

仮想通貨取引所BitMEXの親会社であるHDR Global Tradingは、会社の既存の事業の上に座る新しい持株会社を再編し、設立すると発表した。発表によると、新しい企業は「100x Group」と呼ばれ、現代のデジタル金融システムを包括的で力強いものに再構築するためのより広いビジョンを追求するビジネスを展開するとのことだ。

一部の市場参加者は、BitMEXの共同創設者であるアーサーヘイズ氏が率いる新会社が外国為替を含む仮想通貨以外の新製品を探求する可能性があるという解釈をしているとのことだ。実際に、HDR Global Tradingのコミュニケーション担当役員であるグレッグ・ドワイヤー氏は、100xの野望の詳細についてコメントするには時期尚早だと語ったが、将来のある時点で非暗号化に挑戦する可能性があると付け加えた。

さらに、ヘイズ氏自身もブログ投稿で「100xは、HDRグローバルトレーディングおよびBitMEXプラットフォームを含むその他すべての資産の新しい保有構造になります。この進化により、BitMEXのリーダーシップを強化することに専念しながら、新しい機会と投資を探求、育成、追求する自由がさらに広がります。 100xのグループの立ち上げによって、BitMEXのプラットフォーム、ブランド、法的構造はまったく変わりませんが、継続的な製品の革新と技術の進歩により、BitMEXの成長は倍増するでしょう。」と述べている。

BitMEXは、ビットコインデリバティブ市場のパイオニアとして知られており、ビットコインの基本的な価格を追跡する先物に似た製品であるビットコイン永久スワップ市場を先駆けて提供している。また、市場シェアをライバルに割譲したが、BitMEXでは毎日10億ドルを超える仮想通貨の取引ボリュームがあるようだ。

ヘイズ氏の発言や、現状のBitMEXの市場の大きさを考慮すると、HDR Global Tradingが新たなビジネスとして仮想通貨以外を選択する可能性は十分にありそうだ。

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!