CATEGORY

仮想通貨情報

「中国マイナーの移転も歓迎」米マイアミ市、安価な電力などでマイニング事業誘致

安価な原子力でマイニング事業誘致米マイアミ市のFrancisSuarez市長は、安価な電気料金によりビットコイン(BTC)マイニング事業の誘致に努めていると明かした。米メディアCNBCのインタビューで語ったものだ。Suarez市長は、特に原子力発電による低価格のエネルギーを念頭に置いているという。マイアミ市役所近郊には、ターキーポイント原子力発電所があり、マイアミ市に電力供給している。米国労働省労 […]

「Featured by Binance」──バイナンスが新たなNFTプラットフォームをローンチ

FeaturedbyBinanceとは最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは「FeaturedbyBinance」という新しいNFT(非代替性トークン)プラットフォームをローンチした。このプラットフォームはアートワークやデジタルグッズを発行し、販売できるサービスで、開発者プラットフォーム「BinanceX」によってインキュベートされるものだという。 出典:FeaturedbyBinance […]

英規制当局FCA、仮想通貨企業の登録審査体制を強化

遅延に対応して審査体制を強化英国の規制当局である金融行動監視機構(FCA)は暗号資産(仮想通貨)企業のライセンス登録をめぐって、審査体制を強化中。背景としては、登録の審査が遅延しており関連企業からクレームが発生していることがある。FCAとはFCAは、イギリスの金融を規制する機関。金融サービス業に携わる企業の行動を規制している。仮想通貨用語集英国では、2020年1月よりFCAが仮想通貨関連企業に対す […]

ユニセフがブロックチェーン企業に投資する理由|Forkast寄稿

ブロックチェーン企業へ資金提供6月9日、金融サービスをいまだ受けられない世界の人々を支援するため、ユニセフのベンチャーファンドは、ケニア、アルゼンチン、インド、メキシコ、ルワンダ、ネパールといった、6カ国のブロックチェーン・スタートアップ企業7社に投資することを発表しました。77カ国、450社の応募の中から選ばれた7社に、上限10万米ドルが初期投資として提供されました。これらのスタートアップ企業の […]

日本の交換業登録を完了した3社、何をやる会社なのか?

一体、どんな企業?一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は18日、海外暗号資産(仮想通貨)取引所大手Coinbaseの日本法人であるCoinbase株式会社を含めた3社が、同協会の第一種会員となり、仮想通貨交換業登録を完了したと発表。これでJVCEAの第一種会員企業は32社、第二種会員企業は4社となった。第二種金融商品取引業は、「信託受益権」や「集団投資スキーム持分」など第一種金融商品取 […]

テキサス州のスーパーマーケット『H-E-B』で30種類以上の暗号通貨が扱えるATMが設置

アメリカ、テキサス州のスーパーマーケットH-E-Bでビットコインなど30種類以上の暗号通貨が扱えるATMが設置されます。地元メディアによると、Coin CloudのATMが29台設置予定です。 Coin CloudのAT […] 投稿 テキサス州のスーパーマーケット『H-E-B』で30種類以上の暗号通貨が扱えるATMが設置 は CRYPTO TIMES に最初に表示されました。 「CR […]

米マイアミ市長、海外の仮想通貨マイナー誘致に意欲

北米でビットコイン(BTC)のマイニングが拡大している中、米マイアミ市のフランシス・スアレス市長は、同市を仮想通貨マイニングの中心地にしようとしている。 「コインテレグラフ 仮想通貨・ビットコイン」を閲覧する