CATEGORY

税金・年金

ボーナスにかかる税金と手取りの計算方法【2020年】

ボーナス・賞与をもらった時に、額面と手取り額との差に驚いたことのある人も少なくないでしょう。ボーナスから差し引かれる税金や社会保険料の額、手取り額はどのような仕組みで決まるのでしょうか。賞与の所得税の計算方法について解説しました。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

2020年の年末調整書類の変更点とは?配偶者控除等申告書が新様式に

サラリーマンの皆さんは年末になると会社から年末調整関係書類の提出を求められるかと思います。2020年・令和2年の年末調整では申告用紙が一部変更となっていますので、今回は変更となった書類とその内容について触れてみたいと思います。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

年金が少ない人の老後の生活費はどうすればいい?

年金が少ない人は、働くこともできず、貯蓄も底をつき……という老後がやってくるかもしれません。そんな老後にしないためにできること、そして、そんな老後がやってきたときの対策を考えてみました。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

定年後にやることがない人はどうしたらいい?

定年退職し毎日が日曜日状態になったとたん、やる気がなくなって何をしたらいいかわからなくなる人がけっこういるようです。特に男性に多いような気がします。定年後にやることを見つけられるのは自分自身しかいません。見つけるヒントになりそうなことをまとめてみました。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

国民年金はいくら払う?国民年金保険料の月額・免除・割引制度について

国民年金は、日本国内に住所を有する20歳以上の人が全員加入しなければならない制度。しかし保険料を払う必要がある人は加入者全体の3割程度となっています。国民年金保険料は毎年見直されており、令和2年度は前年より130円引き上げられて月1万6540円。国民年金保険料の免除制度や割引もあるので併せて解説します。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

加給年金の特別加算とは?いくらもらえる?【令和2年は配偶者22万4900円】

「加給年金」とは年金受給者で、配偶者や子どもがいる人がもらえる年金版の家族手当のことです。加給年金額は、令和2年度は前年度より0.2%増額改定で、配偶者22万4900円、第1子・第2子各22万4900円、第3子以降が各7万5000円です。また、年金をもらう人の生年月日によって、加給年金に「特別加算」される額が違います。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

年金の扶養に入れる条件とは?【令和2年度より変更された点は?】

夫が厚生年金被保険者(加入者)で妻を年金の扶養に入れると、妻は第3号被保険者となり、年金保険料月額1万6540円(令和2年度価格)を支払っていることとなります。年金の扶養に入ることのできる収入や年齢などの条件を確認してみましょう。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

年金保険料を未納にするとどうなる?未納にしない方法とは

失業した、収入が低いなどの理由で年金保険料の未納期間がある場合、受け取る年金額が減額されてしまうだけでなく、年金自体受け取れないことがあります。今回は過去に未納期間がある場合の対処法、今後未納期間を増やさない方法について解説してみたいと思います。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

30年前と何が変わった?これからの老後資金の貯め方のヒント5つ

長寿化、少子高齢化、アテにならない退職金など、30年前とは老後に対する考え方も変わり、老後のお金について不安を持つ人も増えているのではないでしょうか。これからの老後のお金の貯め方について、考えてみましょう。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

定年退職後の光熱費をかけない暇つぶし術とは

定年退職して、仕事を辞めた人は家に閉じこもっていると光熱費がかかります。老後の生活費を少しでも削減するために、光熱費をかけない暇つぶし術を身につけておきましょう。それには、極力、家にいないようにすることが効果的です。仕事で出掛けるのが一番なのですが、仕事をしたくない人やしたくてもできない人もいます。コロナ禍で行動の制約、気をつけるべき点は十分はありますが、それを踏まえた上で、誰にもできる暇つぶし術 […]