CATEGORY

税金・年金

定年後の国家公務員 フルタイム月収39万円

2021年6月国家公務員の定年年齢を65歳に引き上げる法律が成立。完全に65歳定年になるのは31年度です。それまでは「再任用制度」で働くことになります。人事院の調査から、令和元年度に定年退職した国家公務員の退職前後の考えや働き方をご紹介します 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

独身で年収300万円の人が、将来もらえる年金額はいくら?

老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。今回は、独身の人がもらえる年金額についてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。 「All About(オールアバウト) [退 […]

厚生年金の満額っていくら?計算する方法は?

老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。今回は、厚生年金の満額についてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後 […]

自営業で年下の夫がいる会社員の妻は、加給年金をもらえるの?

老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に回答します。今回は、年下の自営業の夫がいる会社員の妻が、加給年金をもらえるのかについてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。 「All About […]

無収入でも住民税がかかるのはナゼ? 前年に収入があるから?

住民税は「前年」の所得に応じて課税されます。そのため昨年会社を辞めて現在は無職、あるいは昨年結婚して現在は専業主婦という方でも住民税は課税されることがあります。住民税がどのようなデータを基に、どの市区町村から課税されるのかを知ると、無収入でも住民税がかかる仕組みが理解できます。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

自動車税種別割の還付金とは? いつ、いくら戻る?

自動車税種別割にも還付制度があります。自動車の抹消登録、つまり廃車にした場合には、還付される可能性があります。自動車税種別割を納付後に自動車を廃車した場合には、抹消登録した月まで課税されますが、その翌月以降の税金は還付されます。なお、廃車をするには、運輸支局または自動車検査登録事務所等で抹消登録の手続きが必要となります。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

新社会人は必見! お金に困らない人になるためのルール5

4月からの新生活、はじめて自分で家計管理をすることになる人も多いのでは? つい気持ちが大きくなって、給料日前にはお財布の中がスッカラカン……そんな事態は避けたいもの。ビギナー向けの家計管理から、無理なく続けられる貯金方法まで、押さえておきたい知識をまとめました。これでお金に困らない社会人に! 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

住民税非課税世帯の年収はいくら? 住民税が非課税になる条件【動画でわかりやすく解説】

住民税が非課税となる「住民税非課税世帯」の年収はいくら以下なのでしょうか? 教育無償化の対象が「住民税非課税世帯」など、自治体や国のサービス、公的給付の対象が住民税非課税世帯に限定されることはよくあります。家族構成や住んでいる自治体によっても違いのある住民税非課税世帯について解説します。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

住民税の計算方法と納付方法をわかりやすく徹底解説【2021年】

住民税の額は、前年の所得にかかる「所得割」と、所得にかかわらず定額の「均等割」から算出されます。住民税の計算方法、住民税が非課税・免除になる人の条件や金融商品取引を行う人の利子割・配当割・株式譲渡所得割について解説します。なお、専業主婦や学生のように所得のない人や生活保護を受けている人、前年の所得が一定金額以下の人などは住民税が非課税となるケースもありますので、あわせてチェックしておきましょう。 […]

住民税課税は何歳から? 新入社員が2年目6月から天引きされる理由

住民税課税に何歳から何歳まで、といった年齢規定はありません。また住民税における年度は、6月から翌5月となっています。それが多くの人の場合、入社2年目の6月から住民税の給与天引き(=特別徴収)が始まる理由です。入社1年目と2年目で給与の変化がない場合、2年目のほうが手取りが少なくなる理由はここにも起因します。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する