CATEGORY

税金・年金

医療費控除の対象になるもの・対象外のものとは?【動画で解説】

医療費控除の対象になるもの・医療費控除の対象外であるものをまとめました。インフルエンザなどの予防接種、コンタクトレンズ代、歯の矯正費用はたまた、Withコロナ時代のPCR検査やマスク購入費まで……対象になるかどうかの基準とは?「医師の判断による、治療目的なら医療費控除の対象」ということになります。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

人間ドックの費用は医療費控除の対象になるの?【2021年・確定申告】

中高年のサラリーマンは人間ドックを受けられる方も多いのではないでしょうか。しかしながら受けるには費用負担も大きく医療費控除の対象になるのかどうかが気になりますよね。医療費控除の対象になる医療費は「疾病の診療・治療に関わる費用」であるかどうかがポイントであり、人間ドックなど「単に診断するための費用」は対象外になります。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

会社員と自営業、同じ保険料なのに年金に月9万円の差ができる?どうして?

現在、国民年金の保険料は16,540円(令和2年度)です。しかし、この保険料とほぼ同じ額を支払っている会社員の厚生年金加入者と、国民年金保険料だけ支払っている自営業の人の将来受け取る年金額を比べると、何と月9万円も差が付くことがあるのです。この格差はどういう仕組みで生まれているのでしょうか?年金格差の裏には、勤務先の協力があるのです。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] […]

厚生年金の経過的加算とは何か?計算方法は

ねんきん定期便を見ると、65歳以降に支給される金額として、「経過的加算」というものが載っています。それほど大きな金額ではないのですが、これはどのような年金なのでしょうか。解説してみたいと思います。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

50代からのクレジットカードとの付き合い方のコツは?何枚持ちがベスト?

クレジットカードを持っていると買い物のときに多額の現金を持ち歩く必要がなく便利ですよね。でもクレジットカードで商品を買うのは、カード会社に借金をして商品を買っているということでもあり、50代からは特に注意したいことの一つです。50代からは、今まで使っていたクレジットカードの中から2枚程度を厳選して使っていくことをオススメします。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を […]

あなたにもできる!自力で作る老後資金3000万円

フィデリティ退職・投資教育研究所が発表した「サラリーマン1万人アンケート」では、退職後の生活資金の準備額が0円という世帯が4割以上という結果に。今回は、これからセカンドライフの資金作りを始めたい人のために、様々なシミュレーションをしてみました。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

高年齢雇用継続給付とは?60歳以降も働く人にメリット・デメリット解説【動画でわかりやすく解説】

雇用保険の高年齢雇用継続給付とは、60歳以降も働き続ける場合、賃金が60歳時点の75%未満に下がると支給されるものです。受給すると、在職老齢年金との併給調整があり、年金の一部が減額されます。受給条件や金額、メリット・デメリットなどについてわかりやすく解説します。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

夫は妻の年金の第3号被保険者になれる?健康保険や介護保険はどうなる?

夫婦サラリーマンの共働き世帯で夫が失業した場合、夫は妻の社会保険上の扶養に入り第3号被保険者になることができるのでしょうか。また健康保険や介護保険の扱いはどうなるのでしょうか。今回は夫が失業した際に気になる社会保険制度を解説してみます。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

貯金がゼロだとどうなる?50代からの脱出の方法とは

老後は働けなくなる可能性もあるため、生活していくには年金と貯金が必須です。ただ、このご時世なかなかお金が貯まらず、貯金がゼロという方もいます。もし50代で貯金ゼロだったらどうやって挽回すればいいのでしょう? 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する