NO IMAGE

Chainalysisが企業向けに盗難仮想通貨追跡チームを立ち上げ


Chainalysisが企業向け仮想通貨犯罪被害の調査チームを発足

ブロックチェーン分析を手掛けるChainalysisは6月22日(水曜日)、初の企業向け製品である、盗まれたり詐欺被害に遭った仮想通貨の回収を支援する調査チームを立ち上げた事が発表された。

日本語訳:
本日、 #cryptoの盗難や要求を伴うサイバー攻撃や不正なネットワーク侵入の標的となった組織向けの迅速な対応サービスであるCryptoIncidentResponseを開始します。それがどのように機能するかをご覧ください。

同社はすでに、身代金、詐欺、仮想通貨マイナー、デジタル犯罪によって取られた資金がどこに行き着くかを追跡するための契約を受け入れている。これらの調査は、Chainalysisのレガシーおよび仮想通貨金融機関および法執行機関向けのより正式な作業と内部リソースをめぐって競合。新たに企業向けに発足した調査チーム「CryptoIncidentResponseServices」は、目的のために専任スタッフで構成されているとのことで、同社調査および特別プログラムのシニアディレクターのエリン・プランテ(Erin Plante)氏は次のように述べている。

状況をすばやく把握することで、被害者は資金を回収するための適切なゲーム計画を立てることができます。国家、犯罪グループ、および迅速な捜索をしている孤独なハッカーからの仮想通貨の盗難に対処する戦略には違いがあります。Chainalysisは多くの場合、ビジネス関係とコミュニティでの立場を活用し、法執行機関と裁判所が資金を回収するための公式の動きを準備している間、盗まれた資金を非公式に保留・交換を得ることができます。


公的機関の即時性に疑問を投げかけるChainalysis

たとえば…、営業時間がアメリカの夜遅くまで続く外国の俳優から資金が盗まれた場合、その即時性は大きな問題になる可能性がある。

午前3時に合法的な調査をするのは難しいかもしれず、その間に犯罪者は資金を動かし続けることが可能である、最終的に取り戻す事さえ難しくなることが十分に予想される。プランテ氏は、同調査チームの目標は法執行機関に取って代わることではなく、複雑なケースで法執行機関が手を差し伸べる可能性のあるグループからの専門的な支援を提供することであると述べたうえで次のように語った。

(犯罪被害に遭遇した場合には)FBIに行くべきです。しかし、FBIにはリソースが不足しています。デミキシングやより高度な難読化技術のようなものについては、彼らはしばしばChainalysisに手を差し伸べるでしょう。法執行機関はあなたの資金を監視し、それらを取り戻すことを24時間年中無休でカバーすることはできません。FBIは非常に熟練しており、これらのタイプの攻撃とこのタイプのトレースはありますが、そのように完全なカバレッジモデルを活用することはありません。


仮想通貨犯罪から守る意思を固めるChainalysis

2021年にChainalysisのツール支援を受けた司法省は、コロニアルパイプライン攻撃で身代金として与えられた230万ドル(約3億円)の仮想通貨を回収。これは、ダッシュされたビットコイン(Bitcoin/BTC)のうちの85%に値するものではあったものの、身代金要求から回復までの間にBTC価格は急落し、440万ドルの身代金に対して約半分の価値にまでBTC価格が下がっていた。

不正取得した仮想通貨を回復したいという明らかな自己利益の理由があるが、プランテ氏は、国家安全保障上の理由もあると指摘しており、次のように述べている。

私たちは、仮想通貨取引所や取引プラットフォームに対する無差別攻撃で、ハッキンググループ、特に北朝鮮のエスカレーションを何年も監視してきました。これらの犠牲者のためにそこにいたいと思っています。私たちはより安全な仮想通貨エコシステムを目指しており、エコシステムに対するこの種の攻撃は全体として、サードパーティの分析に反します。

The post Chainalysisが企業向けに盗難仮想通貨追跡チームを立ち上げ first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!