CoinGeckoやEtherscan、フィッシング攻撃が発生

広告プラットフォームが原因かCoinGeckoやEtherscanといった、暗号資産(仮想通貨)データベースサイトで、利用者を攻撃対象としたフィッシング攻撃が発生している。フィッシング攻撃は、利用者に対してMetaMaskウォレットを「nftapes.win」というウェブサイトへ接続を促すプロンプトを表示するというもの。CoinGeckoは、表示は詐欺(スキャム)であるとして、接続が求められても応じないよう警告を行っている。同サイトによると、広告プラットフォームCoinzillaの悪意あるスクリプトが攻撃…

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!