NO IMAGE

Enjinが国連協定のメンバーとして持続可能性と平等を促進のためにNFTの使用を計画


Enjinが国連協定のメンバーとしてNFTの使用を計画

NFTブロックチェーンプラットフォームであるEnjin(エンジン)は、国連協定のメンバーとして持続可能性と平等を促進するためにNFTを使用することを計画していることが明らかになった。

Enjinは、2030年までにカーボンニュートラルなNFT実現計画を明らかにしており、JumpNetブロックチェーンはすでにカーボンネガティブであると主張している。Enjinは国連協定の一環として、持続可能性と平等を促進するため、NFTを使用する方法を模索すると発表しており、この技術を使用して炭素回収企業に採用し、世界中のクリエイターがNFT市場に許可なくアクセスできるようにすることで、世界の富の格差を縮小し、気候変動と戦うことを提案している。

これによりEnjinは、人権、労使関係、腐敗防止、環境保護をカバーするUNGCの10原則に則り、さらに別のマイルストーンを追加し、UNGC(国連グローバルコンパクト)に受け入れられた初のNFT企業になった。国連地域間犯罪司法研究所(Irakli)のAIおよびロボティクスセンターの責任者であるイラクリ・ベリーゼ(Irakli Beridze)氏は次のように語っている。

ブロックチェーンとNFTが国連の持続可能な開発目標の達成にどのように貢献できるかを探求するためにEnjinと協力できることを嬉しく思います。これまで以上に、これらの新しいテクノロジーの可能性を活用して活用し、地球をより住みやすく、すべての人にとって公平な場所にするために、将来、より良い設備と団結を確保する必要があります。

一方、Enjinのマキシム・ブラゴフ(Maxim Blagov)CEO(最高経営責任者)も次のように語っている。

Enjinでは、NFTを使用してより良い未来を創造するために、持続可能なエコシステムを開発しています。国連グローバルコンパクトに参加することで、ブロックチェーンテクノロジーを通じて人々の生活を改善するという私たちのコミットメントが再確認され、これらの取り組みが持続可能であることが証明できるでしょう。


Enjinの動きが業界の指針となるかもしれない

国連は、不平等の削減、質の高い教育の提供、責任ある消費と生産の奨励など、2030年までに達成したいと考えており、持続可能な開発に関する17の目標(THE 17 GOALS)を掲げている。

これらの目標の達成のために国連は、気候変動の影響が拡大など仮想通貨やブロックチェーンなどのグローバル産業の影響が懸念しており、Enjinの取り組みは、より持続可能な世界経済に到達するのに役立つ可能性があると考えている。実際、ブロックチェーンの環境への影響は依然として熱く議論されているトピックであり、Enjinの行動は、業界が持続可能で環境に優しい方法で成長できることを示すきっかけになるかもしれない。

The post Enjinが国連協定のメンバーとして持続可能性と平等を促進のためにNFTの使用を計画 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!