FATF、仮想通貨送金に係る「新国際ルール」対応状況レビューと全体会議の概要発表

金融活動作業部会が全体会議を完了国際的な金融規制タスクフォースである金融活動作業部会(FATF)は1日、6月24日に行った全体会議の概要を発表した。この会議は、FATFが昨年6月に発表した「トラベル・ルール」への各国や企業の対応状況の検証が行われるとして注目されていたものだ。トラベル・ルールとは、資金洗浄等防止のため国際的な電信送金に関するルールで、仮想資産サービス・プロバイダー(VASP)には取引の際、送金者と受取人の情報を収集・交換し、その情報の正確性を保証することも求められる。このルールに法的拘束力…

「CoinPost」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!