NO IMAGE

MetaがFacebookやInstagramのクリエイター向けのメタバース収益化ツールを発表


Metaがクリエイター向けのメタバース収益化ツールを発表

Metaのマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏は、同社がFacebookとInstagramで収益を上げるために選ばれたクリエイターのため、より多くの方法を展開していると発表した事が分かった。

6月21日(火曜日)のFacebook投稿で、ザッカーバーグ氏は、クリエイターがメタバースを構築するのを支援するための更新もあると述べ、Facebookなどのプラットフォームが成長するクリエーター経済で役割を果たすことを望んでいると述べている。同氏のTwitterスレッドで共有した内容によると、6項目にわたる更新があり、1つはクリエイターへの収益が増えたことで、ソーシャルメディアプラットフォームは2024年までFacebookとInstagramでの収益の共有を延期。有料オンラインイベントやサブスクリプション、バッジ、掲示板などが含まれるとのこと。

対象コンテンツクリエーター

相互運用可能なサブスクリプションを使用すると、作成者は、他のプラットフォームの有料サブスクライバーにサブスクライバー専用Facebookグループへのアクセスを許可できる。

さらに、Facebook Starsセクションは“対象となるすべてのクリエイター”に公開され、リール、ライブ、VODビデオからより多くの人々が稼げるようになるとのこと。Reels Play Bonusプログラムは、より多くのクリエイターに開放され、Instagram ReelsをFacebookにクロスポストして、そこで収益化もできる。加えてInstagram Creator Marketplaceもテストされており、クリエイターが発見されて支払いを受け取れる。

同社はデジタル収集品を拡大し、より多くのクリエイターがInstagramでNFTを表示および使用できるようにしており、この機能はまもなくFacebookに導入され、米国のクリエイターの小グループから開始されるという。対象となるクリエイターは特定の要件を満たしている必要があるため、新しいアップグレードをすべての人が利用できるわけではありません。

Instagramは、5月にデジタルコレクティブル機能を通じてNFTのテストを開始。独自クリエーターマーケットプレイスを持つTikTokなど、競合他社の人気が高まるにつれてMetaはプラットフォーム上で独自コンテンツを求める反面、同社のメタバース計画は、ホイッスルブロワーからの精査を集めている。

偽Facebookレビューの取り締まり

Facebookはフェイクニュースや偽コンテンツで溢れており、同社はそれを減らすための措置を講じている。6月20日(月曜日)、米国で新しいコミュニティフィードバックポリシーを開始し、許可と禁止を共有することを発表。同社によると、新ポリシーは広告にプラットフォームを使用する企業をターゲットにしているとして次のように語っている。

企業は、レビュー操作、インセンティブ、グラフィックコンテンツ、スパムを特に禁止するコミュニティフィードバックポリシーに準拠する必要があります。

The post MetaがFacebookやInstagramのクリエイター向けのメタバース収益化ツールを発表 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!