副業の確定申告、記入欄「雑所得」が3区分になった意図とは?税金を申告しない人に目を光らせるため?

確定申告書の「雑所得」の記入欄が3区分に増えました。税務署が「無申告所得者に目を光らせる」「確定申告の申告内容が適正であるかどうか」という意図があります。どこに何を書けばいいのかについて解説します。2021年分の確定申告でも、引き続き注意が必要です。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

所得税がかからない「非課税所得」とは?身近なものでは通勤手当、慰謝料、宝くじの当せん金など

非課税所得とは「所得税という税金がかからないもの」です。原則的には、儲け・収入を得れば所得税を払う必要がありますが、その儲けが「非課税所得」と見なされれば、所得税はかからず確定申告も必要ありません。非課税所得としては何が該当するのでしょうか? 副業の儲け、出張費や通勤手当、宝くじの当せん金、慰謝料、祝い金……気になるポイントをまとめました。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当 […]

年金受給しながら働く人は確定申告が必要?

会社員の時は会社が年末調整をしてくれるため大多数の方は確定申告をすることがないかと思います。しかしながら年金をもらいながら働く場合、確定申告が必要になってくることがあります。今回は年金受給しながら働いている方の確定申告に触れてみたいと思います。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

所得税の基礎控除とは?計算方法は?

所得税の「基礎控除」とは、全ての納税者が無条件に差し引ける所得控除です。この基礎控除は一律48万円。会社員もパート・アルバイトも、専業主婦も学生も、もちろんフリーランスの場合も同様です。この基礎控除があることにより「パートやアルバイトであれば年収103万円まで税金がかからない」ということになります。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

医療費控除で還付金はいくら戻る?計算方法をチェック【2022年・確定申告】

会社員、パート・アルバイトなどの給与所得者は、会社が年末調整で税金の計算や納税を行ってくれるため基本的に確定申告は不要です。しかしながら医療費控除を受けるには、確定申告をする必要があります。通常の確定申告であれば令和4年2月16日~3月15日と期間が決まっていますが医療費控除など、税金を戻してもらう還付申告は1月からでも受け付けてくれますので早めの申告をお勧めいたします。 「All About(オ […]

2021年分の確定申告の期間はいつからいつまで? 2022年2月16日(水)~3月15日(火)まで

2021年分の確定申告の期間は、2020年分とは違い一括延長とはならない見込みです。贈与税や消費税の申告期限、また間違えた場合の「更正の請求」ができる期間などについて解説します。還付申告の場合、亡くなった場合、出国した場合などのケースや、ふるさと納税ワンストップ特例の期限、新型コロナウイルスの影響を受けた場合の対応方法についても説明します。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当 […]

確定申告で社会保険料や住民税の減免も決まる!

確定申告は、所得税の申告納付や還付申告をするためのもの。いえ、それだけではありません。国民年金保険料や国民健康保険税、介護保険料、住民税などの算出や軽減・免除のためにも必要なのです。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する