新社会人は必見! お金に困らない人になるためのルール5

4月からの新生活、はじめて自分で家計管理をすることになる人も多いのでは? つい気持ちが大きくなって、給料日前にはお財布の中がスッカラカン……そんな事態は避けたいもの。ビギナー向けの家計管理から、無理なく続けられる貯金方法まで、押さえておきたい知識をまとめました。これでお金に困らない社会人に! 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

住民税非課税世帯の年収はいくら? 住民税が非課税になる条件【動画でわかりやすく解説】

住民税が非課税となる「住民税非課税世帯」の年収はいくら以下なのでしょうか? 教育無償化の対象が「住民税非課税世帯」など、自治体や国のサービス、公的給付の対象が住民税非課税世帯に限定されることはよくあります。家族構成や住んでいる自治体によっても違いのある住民税非課税世帯について解説します。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

住民税の計算方法と納付方法をわかりやすく徹底解説【2021年】

住民税の額は、前年の所得にかかる「所得割」と、所得にかかわらず定額の「均等割」から算出されます。住民税の計算方法、住民税が非課税・免除になる人の条件や金融商品取引を行う人の利子割・配当割・株式譲渡所得割について解説します。なお、専業主婦や学生のように所得のない人や生活保護を受けている人、前年の所得が一定金額以下の人などは住民税が非課税となるケースもありますので、あわせてチェックしておきましょう。 […]

住民税課税は何歳から? 新入社員が2年目6月から天引きされる理由

住民税課税に何歳から何歳まで、といった年齢規定はありません。また住民税における年度は、6月から翌5月となっています。それが多くの人の場合、入社2年目の6月から住民税の給与天引き(=特別徴収)が始まる理由です。入社1年目と2年目で給与の変化がない場合、2年目のほうが手取りが少なくなる理由はここにも起因します。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

住民税が給与天引きされない場合はどうする? 7月から変えられる?

退職した・転職した場合は、年度の途中でも、自分で払う普通徴収から給与天引きする特別徴収へ切り替えをすることが可能です。切り替えを希望する場合は、特別徴収への切替依頼書に必要事項を記入の上、市町村等に提出することになります。7月から天引きされることも可能な場合もありますので、特別徴収義務者である給与支払者や市町村等に問い合わせてみましょう。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] […]

子どもにお金がかかる40代ができる投資とは?

子どもがある程度大きくなり、学費などでお金がかかる40代。まだまだ若者世代である一方で、お金への不安は尽きません。投資をするお金を捻出するのが大変で、投資がしづらいという悩みも。そんな40代は投資をどう考えればいいのでしょうか。 「All About(オールアバウト) [投資] 」を閲覧する

今のうちに買いたい!2021年8月優待銘柄

株主優待が人気の企業は、権利確定日に向けて優待目的の買いが入りやすくなります。早いうちに株主優待銘柄に注目することで、値上がり益が期待できるでしょう。そこで今回は、今のうちに買っておきたい8月の優待銘柄をご紹介します。 「All About(オールアバウト) [投資] 」を閲覧する

昔の金持ちと今の金持ち、決定的な思考の違い

旧タイプの富裕層は「努力」という言葉が大好きです。だから若者に対しても叱咤激励します。一方、新タイプの富裕層はそういう「熱さ」を持っておらず、持っていても内に秘めている人が少なくありません。 「All About(オールアバウト) [投資] 」を閲覧する

【50代必読】1000万円を運用する前に知っておきたい3つのルール

50代になると子育てが一段落して、定年後の生活も視野に入ってきます。コツコツ貯めてきたお金を投資にまわして、老後資金に備えたいと考えている人も多いのでは? 50代が投資デビューで失敗しないためのルールを「マネープランクリニック」でおなじみのファイナンシャルプランナー深野康彦さんに伺いました。 「All About(オールアバウト) [投資] 」を閲覧する