NO IMAGE

Rippleが第2四半期のXRP市場レポートをリリース


Rippleが第2四半期のXRPレポートを公開

Rippleは第2四半期のXRP市場レポートを公開し、XRPの1日の平均ボリュームが、前四半期の22.6億ドル(約2,478億円)から2020年第2四半期には2倍の44.9億ドル(約4,923億円)に、ほぼ倍増している事が分かった。

四半期レポートは、会社の市場データレポート、観察、市場の状況、マイルストーン、および将来の計画の概要を示しているもので、Rippleは、ODL(オンデマンド流動性)サービスの需要が高まり、四半期ごとのXRP売上高は1億5,034万ドル(約164億円)から1億5,792万ドル(約173億円)に9億円増加したと明かした上で、次のように述べた。

Rippleは、一部の顧客のODLエクスペリエンスを改善するために引き続き販売を行い、取引所での事前資金調達の必要性を排除し、即時のグローバル支払いを可能にしました。

同社の総売上高も全世界のXRPボリュームの0.04%を占めており、前四半期の7bps(※1)から4bpsに減少する傾向にあります。

(※1)bpsbit per second(ビット・パー・セコンド)とは…
1秒当たりのbit(情報量)の転送量を指し、bpsの数値が大きいほど回線速度が速いことを意味している。


Rippleのエスクローとインフラストラクチャーの成長

今四半期では、前四半期と同様に、3カ月間毎月10億XRPがエスクローからリリースされた。

Rippleは、ブロックチェーンプラットフォームSwissborgとのパートナーシップを通じ、市場インフラストラクチャーも拡大。プラットフォームは、ユーザーがXRPで利回りを獲得できるようにするXRPスマートコントラクトを開始したほか、XRPをリストし、他の16銘柄の仮想通貨と15法定通貨との取引を可能にした。

さらに、Rippleは、XRP元帳はあらゆる種類の通貨と資産を低コストで持続的に処理できる分散型取引所として機能するように設計されており、開始以来XRP元帳は5000を超えるトークンを発行していると述べた。

リップルアイズNFT

第2四半期に、RippleはNFTマーケットプレイスのミンテーブルと提携したことで、ユーザーは仮想通貨または法定通貨を使用してアイテムを簡単に作成、購入、販売できるようになった。

RippleはXRP元帳とMintableの統合を実行して、大衆消費者による仮想通貨の採用を解き放つことを計画している。これは、持続可能で費用効果の高い方法で、最大数十億のトークンのNFTマイニング、購入、転送を可能にすることも目的としており、次のように述べている。

NFTには、クリエーター経済を加速し、新しいビジネスモデルを刺激し、現代の金融システムへの幅広い参加へのオープンアクセスをもたらす長期的な可能性があります。

The post Rippleが第2四半期のXRP市場レポートをリリース first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!