NO IMAGE

SABBが米ドル即時支払いのために3番目のRippleベースの回廊を開始


SABBがRippleブロックチェーンで法人向け米ドル決済機能を開始

SABB(Saudi British Bank:サウジ銀行)は、Rippleのブロックチェーンテクノロジーを使用して、法人顧客向けにリアルタイムの米ドル決済機能を開始しました事が分かった。

Rippleのブロックチェーンソリューションは、銀行がデジタルトランスフォーメーションビジョン2030を推進しているため、2019年以降、SABBの戦略計画の重要な部分となっている。このコラボレーションにより、SABBは中東初の銀行となり、法人顧客に即時の米ドル取引を提供していく。なお、2019年の初めに、同銀行はブロックチェーンを介してインドルピーとスリランカルピーの即時決済を開始することに成功している。

2018年に、Rippleの最高マーケティングストラテジストであるコーリー・ジョンソン(Cory Johson)氏は、同社のビジョンについて、国際的な支払い転送の主要なものとしてSWIFTを置き換えることであると述べており、これがRippleの取引手数料がSWIFTよりもはるかに低いレートに設定された理由である。即時支払いにRippleを使用するSABBのような銀行には、0.0001XRPの標準料金が請求されるが、SWIFT料金と比較して、この料金はかなり安いと考えられている。

以前、SABBとSantander(サンタンデール銀行)は、Rippleを使用して特定の廊下に即時支払いを実装した後、銀行が大幅なコスト削減と顧客満足度の向上を経験したと報告した。主要金融機関からのこのような前向きなフィードバックは、前向きな未来を示していると捉えられる。

RippleがSWIFTに取って代わるまでには何年もかかるかもしれないものの、SABBの提携戦略は、この地域の他の銀行にも影響を与えると言っても過言ではない。Santander、SBI Holding、Niumなどの他の主要銀行も、Rippleを介して即時支払いソリューションを統合しており、このようなパートナーシップにより、Rippleの銀行ネットワークは今後も拡大し続けるとみられる。

XRPとは

Rippleテクノロジーの進歩は、常に市場のXRP価格にプラスの影響を与え続けている。

ただし、市場は、SECとの進行中の法廷闘争の終結を待っているようで、SECは判決日の延長を要求し、サラ・ネットバーン裁判官がXRP法務チームの議論に賛成し、2022年1月14日に延期されている。

最近、CoinbaseにてXRPが再びリストされるかもしれないという噂も聞こえている。主要仮想通貨取引所は、SEC訴訟の後、2020年12月に自社のプラットフォームでのXRP取引を禁止した。Coinbaseの噂が実現すれば、XRPの価格は再び上昇する可能性がある。ただし、XRPについては数カ月にわたって多くの憶測が飛び交っていることから、投資家は2022年1月14日まで待たなければならないだろう。

The post SABBが米ドル即時支払いのために3番目のRippleベースの回廊を開始 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!