NO IMAGE

SEC議長が「1つの仮想通貨ルールブック」を推奨


SEC議長はSECとCFTCの共通ルール共有を推奨

SEC(Securities and Exchange Commission=米国証券取引委員会)のゲイリー・ゲンスラー(Gary Gensler)議長は6月24日(金曜日)、米国の金融機関は、断片化された規制構造による抜け穴を防ぐために、「1つの仮想通貨ルールブック」を共有する必要があると述べた事が分かった。

超党派の仮想通貨法案が仮想通貨監視のため、CFTC(Commodity Futures Trading Commission =商品先物取引委員会)を提案した後に今回のルールブック共有の必要性が語られた。実際ゲンスラー議長は、デジタル資産の取引に関する十分な保護と透明性を確保するため、CFTCのカウンターパートと話し合っており、さらに同議長は、ほとんどのデジタルトークンは証券であると主張している。

SEC議長はCFTCとの仮想通貨監視共有を促す

SECとCFTCは、これまで連携して機能したことはなく、SECは証券業界を監督し、CFTCはデリバティブ市場を規制しているが、仮想通貨により、両機関が仮想通貨市場を監視するようになった。

その結果、罰則の引き上げとともに、仮想通貨市場での規制上の負担が大幅に増加している。仮想通貨の分析を手掛けるEllipticの最新データによると、米国の規制当局は2008年以来33.5億ドル(約4,513億円)の仮想通貨執行措置を集めている。同議長は、常に厳格な仮想通貨市場への監視と、仮想通貨取引所に対してSECへの登録を求めてきた。さらに、SECが証券とみなされるトークンをリストするプラットフォームを管轄するCFTCとの理解の覚書に取り組んでいた。

仮想通貨法案は証券ではなく商品

米国の上院議員であるキルステン・ジルブランド(Kirsten Gillibrand)上院議員とシンシア・ルミス(Cynthia Lummis)上院議員による超党派の仮想通貨法案は、ほとんどのデジタル資産が証券ではなく商品に似ていることを指摘。

これにより、仮想通貨への監視がCFTCの手に渡り、デジタル資産に対するSECの影響が軽減される可能性が浮上している。同議長は、共有された仮想通貨ルールブックが投資家を詐欺、前倒し、操作から保護し、透明性を提供すると信じており、次のように語っている。

私は、ペアに関係なくすべての取引を保護する取引所に関する1つのルールブックについて話しているのですか。

2022年1月、CFTCのロスティン・ベナン(Rostin Behnam)議長は、デジタルトークンはビットコイン(Bitcoin/BTC)やイーサリアム(Ethereum/ETH)などの商品として適格であると述べている。

The post SEC議長が「1つの仮想通貨ルールブック」を推奨 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

「NEXTMONEY」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!