TAG

コインテレグラフ ジャパン マーケット分析

仮想通貨ビットコイン、”デスクロス”が出現 1万ドル回復は5月までお預けか

仮想通貨ビットコイン(BTC)は今週始めと比べて14%以上も上昇した。主要仮想通貨のイーサ(ETH)やXRPと比べてもビットコインのパフォーアンスはよく、仮想通貨市場全体にしめるビットコインの割合(ドミナンス)は上昇。再び68%に到達した。しかし、テクニカル的には不吉なサインが出ている。 「コインテレグラフ ジャパン マーケット分析」を閲覧する

仮想通貨イーサ急騰 「ETH2.0」前にクジラが動き始める

イーサリアムの大型アップグレードである「イーサリアム2.0」を前に、仮想通貨イーサ(ETH)のクジラ(大型投資家)がイーサを集めているようだ。イーサ保有量トップ100のウォレットが保有するイーサは、全体の25%近くまで上昇した。 「コインテレグラフ ジャパン マーケット分析」を閲覧する

XRPも2月プラス吹き飛ぶ|ツイッターの活動でXRP価格は読めるのか?【仮想通貨相場】

2月の仮想通貨XRPは1月下旬並みの価格である0.23ドルまで下落した。ビットコインと同様に2月の上昇分を全て失ってしまった。足元では0.22ドル台を推移している。ビットコインも心理的に重要なラインである8500ドルを割りそうな勢いだ。 「コインテレグラフ ジャパン マーケット分析」を閲覧する

「デジタルゴールド」の称号、今年はビットコインでなくXRP(リップル)に?【仮想通貨相場】

昨日、相変わらずのボラティリティ(変動幅)の大きさを示したビットコインだが、少し気になるデータも出ている。デジタルゴールドと呼び名の高いビットコインなのだが、最近は金(ゴールド)と相関関係が高いのはビットコインではなくて時価総額3位のXRPであることが明らかになった。 「コインテレグラフ ジャパン マーケット分析」を閲覧する