TAG

[退職金・老後のお金]

早期退職は損か?得か?割り増し退職金はいくら

早期退職には、経営再建などを目的とした「希望・早期退職制度」と、業績に関係なく導入されている「選択定年制」があります。二つの制度の相違点と、早期退職に応じる前に検討しておくべきポイントをご紹介します。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

失業した・収入が下がった時の年金保険料免除制度とは

新型コロナの影響で失業したサラリーマン、自営業であれば大幅な減収など、今後の年金保険料の支払いが難しい方もおられるかと思います。今回は失業や収入が下がった場合の年金保険料の免除制度について触れてみたいと思います。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

退職金そのまま使う?2倍に育てながら使う?

ゆとりある老後生活の実現のために、資産を形成している現役世代に向けて退職金の活かし方と守り方のポイントを解説します。老後までの家計管理能力といかに財産を上手に働かせることができるかで、定年までの財産づくりも、老後の豊かさも変わってくると言えます。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

65歳以上になっても老齢年金がもらえない人とは?こんな人は注意【動画でわかりやすく解説】

65歳になっても老齢年金をもらえない人というのはいます。年金がもらえる人とは、「10年間の年金の受給資格期間がある人」なのですが、この要件を満たしていない場合は老齢年金はもらえません。10年の年金の受給資格期間には、免除や猶予の期間が含まれます。失業して年金保険料が支払えない人でも、年金保険料支払いの免除・猶予の手続きをしていない場合は注意が必要です。 「All About(オールアバウト) [退 […]

年金が少ない人の老後の生活費はどうすればいい?

年金が少ない人は、働くこともできず、貯蓄も底をつき……という老後がやってくるかもしれません。そんな老後にしないためにできること、そして、そんな老後がやってきたときの対策を考えてみました。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

定年後にやることがない人はどうしたらいい?

定年退職し毎日が日曜日状態になったとたん、やる気がなくなって何をしたらいいかわからなくなる人がけっこういるようです。特に男性に多いような気がします。定年後にやることを見つけられるのは自分自身しかいません。見つけるヒントになりそうなことをまとめてみました。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

国民年金はいくら払う?国民年金保険料の月額・免除・割引制度について

国民年金は、日本国内に住所を有する20歳以上の人が全員加入しなければならない制度。しかし保険料を払う必要がある人は加入者全体の3割程度となっています。国民年金保険料は毎年見直されており、令和2年度は前年より130円引き上げられて月1万6540円。国民年金保険料の免除制度や割引もあるので併せて解説します。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

加給年金の特別加算とは?いくらもらえる?【令和2年は配偶者22万4900円】

「加給年金」とは年金受給者で、配偶者や子どもがいる人がもらえる年金版の家族手当のことです。加給年金額は、令和2年度は前年度より0.2%増額改定で、配偶者22万4900円、第1子・第2子各22万4900円、第3子以降が各7万5000円です。また、年金をもらう人の生年月日によって、加給年金に「特別加算」される額が違います。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

年金の扶養に入れる条件とは?【令和2年度より変更された点は?】

夫が厚生年金被保険者(加入者)で妻を年金の扶養に入れると、妻は第3号被保険者となり、年金保険料月額1万6540円(令和2年度価格)を支払っていることとなります。年金の扶養に入ることのできる収入や年齢などの条件を確認してみましょう。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

年金保険料を未納にするとどうなる?未納にしない方法とは

失業した、収入が低いなどの理由で年金保険料の未納期間がある場合、受け取る年金額が減額されてしまうだけでなく、年金自体受け取れないことがあります。今回は過去に未納期間がある場合の対処法、今後未納期間を増やさない方法について解説してみたいと思います。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する