TAG

[退職金・老後のお金]

認知症になる前に知っておきたい制度と費用

認知症患者は年々増加し、2025年には約700万人、65歳以上の20%、実に5人に1人が認知症を発症すると推計されています。判断力が低下した後の生活は誰しも不安になるかと思います。今回は認知症に備えた制度や、それにかかる費用をまとめてみました。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

老後が非常に心配な現役世帯は約4割?不安を解消する方法は?

金融広報中央委員会の調べによると、これから老後を迎える現役世帯で「老後が非常に心配である」と答えたのは約4割とされています。しかしながらこの割合は2008年以降減少傾向であることも分かりました。今回は老後を心配する世帯がどのような行動をとっているのか、心配を解消するにはどうすればよいのかを考えてみたいと思います。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

パートの社会保険拡大で得する人・損する人

大企業に勤務して、月給8万8000円以上を稼ぐなど一定の条件を満たすパート労働者は、社会保険(厚生年金・健康保険)に加入することになりましたが、この社保に加入するパート労働者の範囲がこれから拡大していくことなっています。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

65歳以上の高齢者は4割にも! 高齢者の働き方や、これからの年金制度はどうなっていく?

少子高齢化が進み将来的に65歳以上の高齢者は日本人口の約4割になると推計されています。それを踏まえて国は高齢者に対する制度の拡充や改革を行っています。今回は高齢化社会におけるさまざまな改革をまとめてみました。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

豊かな「おひとりさま老後」のためにすべき2つの対策

国立社会保障・人口問題研究所(2019年)によると、2040年には65歳以上世帯のうち単身者世帯が30%以上(15都道府県では40%超)になります。おひとりさまの老後資金を算出し、併せて、安心して老後を過ごすために必要なことをご紹介します。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

老後に必要なお金って? 本当に老後資金3000万円は必要か

「令和元年家計調査結果(貯蓄・負債編)」(総務省)によると、高齢者世帯の平均貯蓄額は2285万円。貯蓄額3000万円以上の保有割合は26%、1000万円以下が39%(うち100万円未満は9%)です。老後に必要なお金、かかるお金は、いったいいくら? 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

年金額は増えることはある? 実質的には減るしくみが

公的年金は毎年改定され令和3年度の年金額は0.1%の減少となりました。景気が悪い年なら理解できますが、景気が良くなった場合に年金額が増えることはあるのでしょうか。今回は年金改定のしくみと年金が今後増えることがあるのかどうかを考えてみたいと思います。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

60歳代前半の年金に多い「勘違い」を検証

60歳代前半の老齢厚生年金ですが、この年金について勘違いをしている方が少なくありません。同じ老齢厚生年金でも、65歳から支給される年金とは別物なのです。60歳から64歳まで受け取れる年金は「特別支給の老齢厚生年金」といい、期間限定のため受け取れる人と受け取れない人がおり、いずれなくなる制度です。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

年金をもらっていた方が亡くなったときはどうする? 未支給年金って何?

大切な家族が亡くなるということはとてもつらく悲しいことですよね。しかし、悲しむ暇もなく、さまざまな手続きをこなさなくてはなりません。年金の手続きもそのひとつ。亡くなった方が年金をもらっていた場合の手続きについて、押さえておきましょう。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

厚生年金保険料が高い! 厚生年金は給料の低い人が得する制度? その理由は?

厚生年金保険料が高いと感じる方は多いようですが、給料が倍になれば厚生年金保険料も倍になります。当然、受け取る額も倍になる……と思いがちですが、そうでもないようです。原因は、厚生年金保険料の中に含まれる国民年金の保険料。厚生年金などの社会保険料と国民年金保険料の仕組みを比較してみました。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する