TAG

[退職金・老後のお金]

厚生年金の受給額早見表!計算式と簡単試算表をチェック

厚生年金の受給額は「加入期間」および「加入期間中の平均給与」で決まります。ただ、厚生年金の年金額は「加入期間のみ」で決まる国民年金に比べて計算式が複雑。簡単な厚生年金受給額の早見表・試算表を作ってみました。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

高年齢雇用継続給付とは?60歳以降も働く人にメリット・デメリット解説【動画で解説】

雇用保険の高年齢雇用継続給付とは、60歳以降も働き続ける場合、賃金が60歳時点の75%未満に下がると支給されるものです。受給すると、在職老齢年金との併給調整があり、年金の一部が減額されます。受給条件や金額、メリット・デメリットなどについてわかりやすく解説します。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

年金は足りる?独身の老後資金の不安を解消する方法

老後資金不足や老後破産に不安を抱えているシングル・一人暮らしの方はどうしたらいいのでしょうか? 私が提案する方法は、自分の不安を書き出して対策を考えてみることです。シングルの平均的な老後資金がいくら必要なのか、老後資金の不安を取り払うためには何を書き出せばよいのかを解説します。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

国民年金の支払い日はいつ?年金が止まってしまう場合とは?

国民年金をもらえるようになる誕生日の3カ月ほど前になると年金機構(または各共済組合)から、「年金請求書」が送付されてきます。「年金請求書」と住民票等の添付書類を一緒に年金事務所に持って行き、年金請求をすると1、2ヶ月で年金証書が届き、その後1回目の支払いが行われます。  「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

おひとりさま老後は働けるだけ働いて収入を得よう!

長い老後を過ごすことになる我々は、収入を得られる複数の手段を講じておきたいもの。イザとなったら頼りになる(かもしれない)子どもはいない、「おひとりさま」はなおさらです。そこで、老後にはどんな収入源があるか、そして、どんな働き方があるかを考えてみました。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

いま話題のイデコ(iDeCo)、何から始めたらいいの?

国民年金や厚生年金に上乗せし自分が運用を行う年金制度イデコ(iDeCo)。興味がある方も多いかと思いますが、始め方がわからないといった声もよく聞きます。今回はこのイデコの始め方について解説してみたいと思います。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

年金は毎月いくらもらえる? 毎年、年金額は変わる!

老後の生活費の柱になる公的年金を、いくらもらえるのか気にしている30代~50代の人は多いのでは? 年金額は物価と賃金の変動(上下)に応じて改定されるルールです。従って、年金額は、毎年、微妙に変わります。年金改正のルールは社会情勢を見ながら見直され、今後はさらなる減額の方向に力学が働くと思われます。そのつもりで、老後のマネープランを実行しましょう。 「All About(オールアバウト) [退職金・ […]

65歳以上で年金がもらえない人とは?こんな人は注意

平成29年8月に10年間の受給資格期間があればもらえるようになった老齢年金。25年から10年に短くなったのですが、要件を満たさず老齢年金をもらえない人もいるのです。免除・猶予の手続きをしていない人は注意が必要です。老齢年金・遺族年金をもらえない人とはどんな人でしょうか? 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

60歳定年後の収入。定年後も働く人たちの現状

2013年4月施行の「改正高年齢者雇用安定法」により60歳定年後も多くの人が働き続けています。60歳以上の働くシニアを対象とした幾つかのアンケート調査から、彼らの雇用形態、働いている理由、仕事内容や満足度、給料など現状をご紹介します。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する