TAG

[退職金・老後のお金]

厚生年金保険料は1カ月でも払えば、65歳から受給できるの?

老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、厚生年金保険料は1カ月だけでも払えば、将来、もらえるのかについてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。 「All Ab […]

アルバイト収入があると年金が減るって本当?

定年後は年金が家計のメイン収入となるわけですが、現在の水準では、年金だけで生活のすべてをまかなうことは難しいのも事実。そこで定年後にアルバイトでも、となった場合、年金にはどう影響するのでしょうか? 減額されないための注意点をまとめました。年金が減らされない人とは、自営業として事業所得を得ている場合、会社勤めをしていても、厚生年金に加入していない場合や個人年金・配当収入を得ている場合などです。 「A […]

【2022年度版】公的年金の繰上げ受給、繰下げ受給、結局どうしたらお得なの?

老後の中心となる公的年金ですが、本来の受け取り開始年齢より早く受け取る「繰上げ受給」、遅く受け取る「繰下げ受給」が選べるのはご存じでしょうか。今回はこの「繰上げ受給」と「繰下げ受給」が得なのかどうかを考えてみたいと思います。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

夫婦で公務員です。夫は年金が月約15万円。どちらかが死亡したら遺族年金はもらえる?

老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、公務員夫婦の遺族年金についてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。 「All About(オールアバウト) [退職金・ […]

年金をもらう時期について、いつからもらえばいいの?

お金のこと、難しいですよね。コロナ禍もあって、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。皆さんからのちょっとしたお金の疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、年金をもらう時期の考え方についてです。専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

公的年金だけでは赤字? 年金に頼らない「老後貯金」の方法

人生100年時代といわれていますが、公的年金の給付水準は下がっていくと予測されています。自分で老後資金を準備することは必須となります。老後資金の準備方法としては「財形年金制度」や「個人型確定拠出年金制度(iDeCo)」、「マッチング拠出制度」があります。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

親の分も含めて1300万円! おひとりさま老後の介護費用

おひとりさまの老後は、生活費もさることながら、介護費用も気にしたいポイントです。親が存命だと、その介護費用の負担が生じる可能性も。女性より生涯独身率の高い男性で、会社員として定年まで勤め上げ、親と同居のケースで考えてみます。親の分で300万円、自分の分で1000万円はかかると思って、お金の準備をしたほうがいいでしょう。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

60歳定年後も稼げる人になるための7つの条件

定年後、年金の他にも収入を得たいと考える人が増えています。「老後の資金に不安がある」「社会とつながっていたい」と、その理由は様々。定年後は悠々自適な生活、というイメージは転換期を迎えつつあります。生涯現役、ずっと稼げる人になるための条件をご紹介します。 「All About(オールアバウト) [退職金・老後のお金] 」を閲覧する

現在65歳。70歳まで厚生年金に加入すると、どのくらい年金は増えますか?月収は15万~16万円ぐらいです

老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。今回は、70歳まで厚生年金に加入することで、どのぐらい年金が増えるのかについてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。 「Al […]