TAG

All About(オールアバウト) [投資]

【2020年】8月株式市場の傾向は?

8月相場は『夏枯れ相場』や『お盆の閑散相場』と呼ばれており、個人投資家や機関投資家が夏季休暇に入ることで市場参加者が少なくなり、相場が冷え込む傾向があるといわれています。そこで今回はそういった傾向が本当にあるのか、8月相場がどのような傾向なのかを調べてみました。 「All About(オールアバウト) [投資] 」を閲覧する

お金持ちがやっている無駄にならないボーナスの使い方

そろそろボーナスの時期が近付いてきました。ボーナスというのは臨時収入です。貯蓄に回す人も多いでしょうが、臨時収入ですから使うほうが有意義な面もあります。では何に使うか? 住宅ローンの繰り上げ返済や新車への買い替えなどもあるかもしれませんが、1つの提案として「未来への種まき」を挙げたいと思います。 「All About(オールアバウト) [投資] 」を閲覧する

今のうちに買いたい8月優待銘柄は?【2020年】

株主優待が人気の企業は、権利確定日に向けて優待目的の買いが入りやすくなります。早いうちに株主優待銘柄に注目することで、値上がり益が期待できるでしょう。そこで今回は、今のうちに買っておきたい8月優待銘柄をご紹介します。 「All About(オールアバウト) [投資] 」を閲覧する

7月の株価は本当に下がりやすいのか?

一般的に7月の相場は、新たな株価材料が乏しく、閑散としやすく、株価が下がりやすい時期といわれています。しかし、そうは言われていますが、本当のことなのでしょうか? そこで今回は、7月相場がどのような傾向にあるのか、過去のデータから統計的に検証してみました。 「All About(オールアバウト) [投資] 」を閲覧する

【2020年】8月に上がりやすい業種・銘柄は?

8月相場は『夏枯れ相場』や『お盆の閑散相場』と呼ばれ、個人投資家や機関投資家が夏季休暇に入ることで市場参加者が減り、相場が冷え込む傾向があります。そんな8月相場の中で株価が比較的上がりやすい傾向がある業種について、過去のデータから検証してみます。 「All About(オールアバウト) [投資] 」を閲覧する

2020年8月株式市場の傾向は?

8月相場は『夏枯れ相場』や『お盆の閑散相場』と呼ばれており、個人投資家や機関投資家が夏季休暇に入ることで市場参加者が少なくなり、相場が冷え込む傾向があるといわれています。そこで今回はそういった傾向が本当にあるのか、8月相場がどのような傾向なのかを調べてみました。 「All About(オールアバウト) [投資] 」を閲覧する

【2020】8月に買ってはいけない銘柄は?

8月相場は『夏枯れ相場』や『お盆の閑散相場』と呼ばれており、下がりやすい傾向のある月です。今回は、そのような相場の中でもとりわけ株価が下がりやすい傾向にある銘柄をご紹介します。 「All About(オールアバウト) [投資] 」を閲覧する

なぜビニール傘を3本以上持っている人は貧しいのか?

私の家にはビニール傘が3本以上あります。でも、当たり前ですがそんなに必要ありません。いつもビニール傘を買ってくるのは、実は私の家内(妻)です。そして彼女の貯金はほぼゼロです。ではなぜそうなるのでしょうか。 「All About(オールアバウト) [投資] 」を閲覧する

なぜ、6月は新興株が上がりやすいのか?【2020】

6月相場はボーナス月でもあり、投資家が株を買いやすい時期といわれています。そこで今回は、過去30年近いデータから、6月相場にはどのような傾向があるのかを調べてみました。 「All About(オールアバウト) [投資] 」を閲覧する

40代からの老後積立は、財形年金と確定拠出年金で

現在40代の世帯は、これから子どもの教育費がかかる時期にさしかかります。住宅ローンの返済もあれば、自分たちの老後資金は後回しになってしまう家庭も。でも、同時並行に準備しておかないと、時間が過ぎ去るばかりです。ムリなく準備できるオトクな制度を優先的に使いましょう。どんな制度があるのか、解説します。 「All About(オールアバウト) [投資] 」を閲覧する