TAG

All About(オールアバウト) [税金・公的手当]

確定申告書を郵送するときの注意点7つ!間違えやすい点とは?

確定申告時期になると税務署は混みあいます。長い時間待たされたり、書類不足で再度、足を運ぶことにも。でも、確定申告は郵送でも提出できるのです。意外に郵送で税務署に送ることができるということを知らない人も多いようです。簡単にその方法と、郵送で提出するときの間違えやすいポイント、注意点を7つ解説します。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

医療費通知とは?確定申告・医療費控除に使える書類、何が書いてある?

健康保険から発行される「医療費のお知らせ」など医療費通知は、どれだけ医療機関を利用したかを確認するための書類。これが、2020年の確定申告でも、医療費控除の添付資料として利用できます。領収書の保存もいらず、とても作業が楽になりますよ。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

2020年確定申告の期間はいつからいつまで?納税の締め切りは?2020年は4月16日まで

2020年・令和2年の確定申告の期間は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため2月17日(月)~4月16日(木)まで延長されました。贈与税や消費税の申告期限、また間違えた場合の「更正の請求」ができる期間などについても解説します。還付申告の場合、亡くなった場合、出国した場合などのケースや、ふるさと納税ワンストップ特例の期限についても解説します。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当 […]

医療費控除の確定申告はいつから?2020年1月から4月16日まで延長されました

2020年の確定申告期間は新型コロナウイルスの感染拡大により、2020年2月17日(月)~2020年4月16日(木)となりました。1年間に医療費を多く払った人の税金が戻る「医療費控除」については、還付申告なので確定申告期間ではなくても、1月から受け付けています。税務署が混まない1月中に申告してしまうのがオススメです。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

医療費控除っていつまでに何をする?申請方法まとめ【動画・音声で解説】

1年間に10万円を超えるなど高額の医療費がかかったら確定申告をすれば還付金がもらえるかもしれません。でも何からやればいいかわからない。そんな人向けにざっくり手順をご紹介。2019年の確定申告からはスマホでも申告ができるようになり更に2020年からはその適用範囲が拡大されました。確定申告は面倒そう、と迷っている人も、ぜひチャレンジしてみてください。新型コロナウイルスの感染拡大を予防するために、202 […]

パート年収130万円以上となった場合の社会保険料と税金はいくら

パートでの年収を130万円未満に調整している人も多いようです。配偶者の社会保険上の扶養者になるためですが、実際に130万円以上となってしまったときには負担額にどのような影響があるのでしょうか? パート年収が130万円を超えたときの社会保険料の負担と税金負担を計算してみました。パート年収130万円で、健康保険料は月5428円の負担、年金は月1万円の負担、その他自分で所得税と住民税を払うことになります […]

住宅ローン控除を申告した人が、医療費控除を忘れたくない理由

年末調整や確定申告のときに、多くの人は「所得税」の減税のみを意識しています。所得税より高くなりがちな住民税の注意点を解説します。高額な住宅ローン控除を申告している人は「これ以上、所得税から引けない」という理由で、医療費控除や、その他の控除を申告しない人もいるのですが、確定申告時にはすべての控除を忘れずに記入、申告することで、住民税を少なくすることができる場合があります。 「All About(オー […]

税金を滞納したらどうなるの?

納税は憲法でも定められている「国民の義務」です。では、納税の義務を果たさなければ、一体どんなペナルティがあるのでしょうか。最悪の場合、財産が差し押さえられる可能性もありますので注意しましょう。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

確定申告が間に合わなかったら!加算税ってなに?

期限内に確定申告を忘れた場合で、その後に確定申告書を提出すると、期限後申告として取り扱われます。期限後申告をした場合には、申告等によって納める税金のほかに、無申告加算税が課されてしまう場合があります。無申告加算税の計算と無申告加算税が課されないケースについて確認しておきましょう。  「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

令和元年分・「分離課税申告書」の書き方

土地・建物や株式を譲渡した場合や、申告分離課税を選択した上場株式の配当や退職所得などがある場合は、確定申告が必要です。ここでは株の譲渡があった方の申告書B様式と申告書第三表(分離課税用)までの記入方法を解説します。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する