TAG

All About(オールアバウト) [税金・公的手当]

【2021年】医療費控除っていつまでに何をする?医療費控除の対象と申請方法まとめ【動画・音声で解説】

1年間に10万円を超えるなど高額の医療費がかかったら確定申告をすれば還付金がもらえる可能性があります。医療費控除の期間とは、原則として2021年2月16日(火)~2021年3月15日(月)ですが還付申告であれば1月から可能です。還付申告なら5年間の猶予期間があり、令和2年(2020年)分なら、令和7年(2025年)12月31日まで提出できます。 「All About(オールアバウト) [税金・公的 […]

確定申告の期間はいつからいつまで?所得税、贈与税、消費税、それぞれの納税の締め切りは?【2021年・令和3年】

2020年分つまり2021年3月期の確定申告のスケジュールが国税庁から発表されています。贈与税や消費税の申告期限、また間違えた場合の「更正の請求」ができる期間などについても解説します。還付申告の場合、亡くなった場合、出国した場合などのケースや、ふるさと納税ワンストップ特例の期限、新型コロナウイルスの影響で期限後申告になりそうなケースについても解説します。 「All About(オールアバウト) [ […]

医療費控除で還付金はいくら戻る?計算方法をチェック【2021年・確定申告】

サラリーマンは会社が年末調整で税金の計算や納税を行ってくれるため基本的に確定申告は不要です。しかしながら医療費控除を受けるには確定申告をする必要があります。通常の確定申告であれば令和3年2月16日~3月15日と期間が決まっていますが医療費控除など、税金を戻してもらう還付申告は1月からでも受け付けてくれますので早めの申告をお勧めいたします。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] […]

確定申告が間に合わなかったらどうなる?加算税というペナルティに注意を

期限内に確定申告を忘れた場合で、その後に確定申告書を提出すると、期限後申告として取り扱われます。期限後申告をした場合には、申告等によって納める税金のほかに、無申告加算税が課されてしまう場合があります。無申告加算税の計算と無申告加算税が課されないケースについても確認しておきましょう。  「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

所得税納付書の記入方法は?わかりやすく解説

「確定申告」とは所得と税額を計算し、確定申告書に記入して、税務署に申告するだけではありません。納税額が生じた場合には原則、3月15日までに納めるまでが「確定申告手続き」です。もし納税額が生じた場合、所得税の納付書はどこで入手し、どのような内容を記入すればいい?どこで払うのでしょうか? 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

年金は確定申告が必要?還付金を受け取れる人とは

年金は、雑所得として所得税や住民税の課税対象となります。年金収入が400万円以下かつ一定の要件を満たす人は、確定申告を行う必要がありません。ただ、確定申告をすることで還付金を受け取れる場合もあります。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する

確定申告の還付金はいつ振り込まれる?どの銀行口座を書いてもいい?

確定申告で医療費控除や住宅ローン控除などを提出したら、あとは還付金が振り込まれるのを待つだけ。還付金が銀行口座に振り込まれるまでは1カ月から1カ月半はかかるようです。振込先には自分名義の銀行口座を指定できますが、一部のネット銀行は対象外なので注意を。 「All About(オールアバウト) [税金・公的手当] 」を閲覧する